broad wimax

BroadWiMAXを審査無しで契約することはできる?

投稿日:

「どうせなら料金が安い方が良いと思って『BroadWiMAX』について調べてたら、
BroadWiMAXの申し込み時には審査があるらしい」

「審査に落ちることはないと思うんだけど、クレジットカードとか口座振替とか
支払方法を変えることで審査なしでBroadWiMAXと契約できたりしないかなぁ」

私も経験があるんですが、過去に1度でもスマホやモバイルルーターなどの審査に
落ちたことがあると、次に申し込む時にも審査に落ちるかもと不安になるんですよね。

そこまでじゃなくても、審査されるというのはあまり気持ちの良いものじゃないので、
申し込む側からすると審査なしでスマホなどを契約できるに越したことはありません。

約20社あるWiMAXプロバイダの中で、通信量無制限プランが最安クラスの料金で
利用できるということで人気なのが「BroadWiMAX」です。

BroadWiMAXでは
 ・クレジットカード
 ・口座振替
という2種類の料金支払方法が選べるようになっています。

では、支払方法をクレジットカードか口座振替のどちらかにすることで、
BroadWiMAXの申し込み時の審査が無くなったりすることはあるんでしょうか?

BroadWiMAXは支払方法に関係無く審査あり

一般的にスマホやモバイルルーターなどの申し込み時の審査は、
口座振替よりクレジットカードの方が甘いと言われていたりします。

甘いどころか、場合によってはクレジットカードで申し込むことで審査なしで契約できる、
などと言われることもあります。

クレジットカードを作る時にはクレジットカード会社が厳しい審査を行っており、
クレジットカードを持っている時点でその厳しい審査をパスしたということになります。

なのでクレジットカードでの申し込みでは、
クレジットカード会社ほど厳しい審査を行わないスマホやモバイルルーターの事業者は
改めて審査する必要が無く、審査無しで契約できるというわけです。

一見もっともらしい意見であり、実際にクレジットカードだと審査無しで
契約できるのかBroadWiMAXに直接問い合わせてみました。

すると、クレジットカードや口座振替といった支払方法に関係無く、
BroadWiMAXでは申し込み時に審査を行っているとの答えが返ってきました。

BroadWiMAX以外の
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
という口座振替に対応しているWiMAXプロバイダにも聞いてみましたが、
やはりいずれも支払方法に関係無く審査は行っているとのことでした。

BroadWiMAXを口座振替で申し込む場合
 ・口座番号
 ・口座名義
 ・金融機関の届出印
に加えて、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

対してクレジットカードでの申し込みであれば、
 ・クレジットカード番号
 ・セキュリティコード
だけで、本人確認書類は必要ありません。

なのでクレジットカードで申し込む方が提出物が少ないので、
口座振替に比べて申し込み手続きが多少簡単になるということはあると思います。

しかし「クレジットカードだから」「口座振替だから」と、
料金の支払方法によって審査が行われたり行われなかったりすることはないんですね。

BroadWiMAXではどんな審査が行われている?

クレジットカードだからと言って審査なしになるわけじゃないのは仕方ないとして、
BroadWiMAXではどんな審査が行われているのか気になりますよね。

BroadWiMAXの審査内容が自分にとって厳しいものでなければ良いですが、
自分にとって厳しいものだと他のWiMAXプロバイダも検討しないといけなくなります。

審査の有無についてBroadWiMAXに問い合わせた際、審査の内容についても
聞いてみたんですが、さすがにそこまでは教えてもらえませんでした。

しかしBroadWiMAXの公式サイトにある「利用規約」の中に、
BroadWiMAXではどういった審査が行われているのかのヒントがありました。

利用規約の「会員契約申込みの承諾」という項目に、
BroadWiMAXが申し込みを承諾しない条件がいくつか挙げられています。

申し込みが承諾されない条件として挙がっている主なものは
 ・BroadWiMAXサービスに係る料金その他の債務の支払いを現に怠る
 又は怠るおそれがある
 ・提出された契約申込書その他の書類に不備がある
 ・BroadWiMAXサービスの利用を停止されたことがある
 ・BroadWiMAXサービスに係る契約の解除を受けたことがある
 ・規約で定められたBroadWiMAX契約者の義務に違反するおそれがある
 ・BroadWiMAXの業務の遂行上支障がある
などです。

過去にBroadWiMAXを利用していて利用停止になったり契約解除になったことが
あると、申し込みは受け付けてもらえないのは当然です。

また現状BroadWiMAXで料金延滞をしていたり、過去にBroadWiMAXで
料金延滞をしたことがある場合も申し込みが受け付けられない可能性が大です。

利用停止や契約解除、料金延滞は分かりやすいですが、
 ・契約書の義務に違反するおそれがある
 ・業務の遂行上支障がある
については、申込者のどの部分を見て判断しているのか分かりにくいですね。

意図しない書類の書き間違いで審査落ち?

利用停止や料金延滞などは過去のことでが、「書類の不備」は申し込みの際に注意
できることなので、書類の不備でBroadWiMAXの審査に落ちるのはもったいないです。

申込書の誤字・脱字程度なら、訂正を求められるぐらいで、
審査落ちまですることはないかもしれません。

しかし
 ・申込書の氏名とクレジットカードや口座の名義が違う
 ・申込書の住所とクレジットカードや口座に登録されている住所が違う
 ・申込書と本人確認書類の名前や住所が違う
などといった場合には、審査で落とされることになると思います。

WiMAXプロバイダの中には、申込者が未成年の場合、
親名義のクレジットカードや口座で申し込みができるようになっているところもあります。

しかしBroadWiMAXの場合は、未成年であっても申込者本人以外の名義の
クレジットカードや口座で申し込むことは基本的にできません。

なので親名義のクレジットカードや口座を使ってBroadWiMAXに申し込むと、
申込者とクレジットカードなどの名義が違うということで審査落ちしてしまいます。

それからBroadWiMAXへの申し込みが、
引っ越しと重なっている場合は注意が必要です。

学生など経済的に自立していない場合など、引っ越しをして現住所は変わったものの、
住民票は実家のある自治体に残したままということもあります。

この場合、申込書に現住所を書くと、クレジットカードや口座あるいは本人確認書類に
登録されている住所と違ってしまいます。

また自分自身や親の結婚・離婚で名字が変わった場合、申込書に旧姓を書くと
クレジットカードなどの名義と違うということになり、審査落ちする恐れがあります。

こうした意図しない申込書の書き間違いでも審査落ちすることもあるので、
特に引っ越しで住所が変わった場合などは注意した方が良いですよ。

BroadWiMAXでは年齢が原因で審査に落ちることも

WiMAXは基本的に13歳以上だと、親権者の同意さえあれば、
契約できるようになっています。

BroadWiMAXの利用規約にも「申込者の年齢が満13歳未満」だと申し込みが
承諾できないと書かれているので、13歳以上であればOKということになります。

しかしBroadWiMAXに審査について問い合わせた際、18歳以下は親権者の同意が
あっても本人名義で申し込むことはできない、という回答でした。

これはBroadWiMAXに限ったことではないようで、他のWiMAXプロバイダでも
18歳以下だと本人名義の申し込みを受け付けていない場合が多いようです。

なので、すでに働いていたとしても高校卒業したての18歳だと、
年齢を理由にBroadWiMAXの審査に落ちてしまうこともあります。

19歳だと親権者の同意があれば本人名義で申し込めるので、
19歳の大学生はBroadWiMAXに申し込めるのに、
18歳の社会人は申し込めないというちょっと変なことにもなりかねないですね。

クレジットカードと口座振替ではどちらの審査が厳しい?

BroadWiMAXでは、支払方法をクレジットカードにしようと口座振替にしようと、
申し込み時には審査が行われます。

ではクレジットカードと口座振替では、どちらの方が審査が厳しいのでしょうか?

支払方法によって、審査なしにならないまでも多少審査の厳しさが違うのであれば、
少しでも審査の甘い方で申し込みたいですもんね。

一般的には、クレジットカードの方が審査が甘いと言われることが多いと思います。

先にも書いたように、クレジットカードを作る際に厳しい審査を受けているので、
クレジットカードの申し込みでは改めて厳しい審査を行う必要が無いからです。

一方口座は作る際特に審査は無く、言ってみれば誰でも簡単に作れるので、
口座振替ではクレジットカードの場合よりも審査が厳しくなるというわけなんですね。

しかし実際には、クレジットカードでも口座振替でも、
それほど審査の厳しさは変わらないのではないでしょうか。

一般的にスマホやモバイルルーターの審査では、
まず自社サービスでの料金延滞や利用停止などの履歴がチェックされます。

次に、
他社の通信サービスで料金延滞や利用停止といった履歴が無いかも調べられます。

ただし通信事業者によっては、自社サービスでの料金延滞や利用停止など履歴の
チェックだけで、他社での料金延滞などまでは調べないこともあるようです。

それからクレジットカードでの申し込みならクレジットカードの利用履歴が、口座振替なら
 ・不正な方法で作られていないか
 ・口座が犯罪に使われたことは無いか
 ・残高不足で振替不可になったことは無いか
などが調べられることになります。

若干口座振替の方が調べられる項目が多いんですが、普通に生活していれば不正な
方法で口座を作る必要が無いですし、自分の口座が犯罪に使われることもありません。

なので口座振替でも問題になるのは「残高不足の有無」ぐらいですから、
クレジットカードと口座振替で審査の厳しさに大きな違いは無いと思われます。

口座振替は再チャレンジしやすい?

審査の厳しさはほとんど違わないと思いますが、
1度審査に落ちた後の再チャレンジは口座振替の方がしやすいです。

クレジットカードの料金延滞が理由でBroadWiMAXの審査に落ちた場合、
他のWiMAXプロバイダに申し込んでも審査に落ちる可能性が高いです。

もう1枚クレジットカードを持っていればそれを使うこともできますが、
持っていない場合はWiMAX用に新しくクレジットカードを作ることも、
クレジットカードで料金延滞がある以上は難しいんですね。

口座振替でBroadWiMAXに申し込んで残高不足が原因で審査に落ちた場合、
同じ口座を使った申し込みでは他のWiMAXプロバイダでも審査に通りません。

しかし1つの金融機関口座で残高不足による振替不可に陥ったとしても、
別の金融機関で口座が作れなくなるということはありません。

なので別の金融機関で新しい口座を作って申し込めば、
新しい口座には残高不足の過去はありませんから、
前回審査落ちしたBroadWiMAXでも審査に通る可能性があるんですね。

クレジットカードで申し込んでBroadWiMAXの審査に落ちた場合でも、
口座振替で申し込むことで審査に通る可能性があります。

なのでBroadWiMAXに限らずWiMAXプロバイダの審査に1度落ちた場合は、
口座振替の方が再チャレンジしやすいんですね。

-broad wimax

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.