クレカ・口座振替以外の支払い

WiMAXの支払方法をコンビニ払いにできる?

投稿日:

「WiMAXの料金支払方法って、クレジットカードか口座振替だけなのかなぁ」

「できたら、ドコモのスマホとかでもできるみたいに、
毎月請求書が送られてきてコンビニで払う形にしたいんだけど」

コンビニでは、通販の代金から電気・ガス・水道などの公共料金、
自動車税や国民健康保険料といった公金まで収納代行を行っています。

大手携帯キャリアのスマホの料金もコンビニで収納代行を行っており、
実際にスマホの料金をコンビニ払いにしているという人も多いのではないでしょうか。

請求書によるコンビニ払いは、コンビニに足を運ばないといけないという手間は
掛かるものの、現金で支払うこともできます。

なのでクレジットカード払いや口座振替に比べてお金の出入りが分かりやすく、
「現金派」に適した支払方法だったりするんですよね。

スマホの料金をコンビニ払いにしていると、WiMAXのモバイルルーターを使う際には、
その料金もコンビニ払いにしたいと考えていると思います。

では、
WiMAXのモバイルルーターの料金をコンビニ払いにすることはできるのでしょうか?

コンビニ払いOKのWiMAXプロバイダは無い

ネットでWiMAXの料金支払方法について調べていると、コンビニ払いができる
WiMAXプロバイダについて説明しているサイトがいくつも見つかります。

それだけ、
WiMAXの料金をコンビニ払いにしたいと思っている人が多いってことなんでしょうね。

結論から言うと、モバイルルーター料金のコンビニ払いに対応している
WiMAXプロバイダは、残念ながら1つもありません。

WiMAXの料金支払方法を説明しているサイトの中には、
具体的なプロバイダ名を挙げて「コンビニ払いができる」としている場合もあります。

しかしそのプロバイダの公式サイトでは、支払方法は「クレジットカードのみ」と
なっていますし、問い合わせてもコンビニ払いができるという回答はありませんでした。

例外的にコンビニ払いができる場合がある?

基本的にWiMAXの料金をコンビニ払いにすることはできませんが、
例外的に「意図せず」コンビニ払いとなってしまうことはあります。

例えば支払方法を口座振替にしてWiMAXを申し込んだ場合、
最初の1~2か月は請求書が送られてきてコンビニ払いとなることがあるんです。

WiMAXを口座振替で申し込むと、
WiMAXプロバイダと金融機関の間で口座振替に関する手続きが行われます。

この手続きは結構時間が掛かることがあり、
場合によっては1か月以上掛かってしまうこともあるんですね。

そうすると、WiMAXプロバイダと金融機関との間の口座振替手続きが完了する前に、
WiMAXの料金支払日が来てしまうことになります。

手続きが完了していないので口座振替はできませんから、
この場合には請求書が送られてきてコンビニなどで料金を支払うことになるわけです。

また、何らかの理由でクレジットカードが使えない、あるいは残高不足で
口座振替ができないという場合もWiMAXプロバイダから請求書が送られてきます。

いずれにしても、暫定的な措置としてコンビニ払いになるというだけで、
恒常的にWiMAXの料金をコンビニ払いにすることはできませんよ。

ちなみに、WiMAXの回線事業者でもある「UQWiMAX」で、
法人契約すると正式な支払方法としてコンビニ払いを選ぶこともできます。

法人契約するのに、「最低○台から」といったような制限は無いようですが、
「法人確認書類」の提出が必要なようです。

なので、WiMAXの料金をコンビニ払いにしたいからと言って、
個人で法人契約することはできないんですね。

クレジットカード以外で料金が払えるWiMAXプロバイダが少ない

料金をコンビニ払いにできるWiMAXプロバイダは無いですが、そもそも
クレジットカード以外で料金を支払えるWiMAXプロバイダがそれほど多くありません。

WiMAXには、回線事業者でもあるUQWiMAXを含めて約20のプロバイダがあります。

その約20のWiMAXプロバイダの内、口座振替に対応しているのは
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
の3社だけとなっています。

UQWiMAXは、先から何度も書いているようにWiMAXの回線事業者でもありますし、
大手携帯キャリアのauと同じKDDIグループです。

BIGLOBEWiMAXは、
光回線などのプロバイダとしても有名なBIGLOBEが行っているサービスで、
口座振替でもキャッシュバックや料金割引といった特典が付きます。

BroadWiMAXは、UQWiMAX・BIGLOBEWiMAXに比べると知名度で劣るものの、
最安クラスの料金でWiMAXのモバイルルーターを使うことができます。

このように口座振替に対応した3社は、いずれも特徴あるプロバイダではあるんですが、
ちょっと選択肢として少なすぎますね。

クレジットカードの代わりにデビットカードやプリペイドカードを使うことはできる?

デビットカードは、クレジットカードのように後払いではなく、
買い物したその場で金融機関口座から料金が引き落とされる仕組みとなっています。

クレジットカードだと口座の残高に関係無く限度額まで使えてしまいますが、
デビットカードだと口座の残高分しか使うことができません。

なのでクレジットカードのように使いすぎる危険性が無いということで、
普段の買い物などでもデビットカードを使っているという場合も少なくないと思います。

また若い人だと、クレジットカードやデビットカードより、「LINE Payカード」などのような
チャージ型のプリペイドカードをよく使っているという人も多いかもしれません。

プリペイドカードだとチャージした分しか使えませんから、落としたり失くしたりした
場合のリスクが、クレジットカードやデビットカードより小さいんですよね。

では、こうしたデビットカードやプリペイドカードをクレジットカードの代わりとして、
WiMAXの料金支払いに使うことはできるのでしょうか?

先にも書いたようなWiMAXの支払方法について説明しているサイトでは、
「デビットカードが使えるWiMAXプロバイダはいくつかある」となっています。

しかし実際には、約20のWiMAXプロバイダの中でデビットカードが使えるのは
「楽天ブロードバンドWiMAX」だけです。

楽天ブロードバンドWiMAXの公式サイトには、
 ・楽天銀行
 ・スルガ銀行
のデビットカードに限って料金の支払いに使える、といったことが書かれています。

楽天ブロードバンドWiMAXでデビットカードが使えると言っても、
楽天銀行・スルガ銀行以外の口座を使うデビットカードはダメですよ。

また楽天ブロードバンドWiMAX以外のWiMAXプロバイダでは、
どの金融機関のデビットカードも使うことはできません。

LINE Payカードなどプリペイドカードについては、
どのWiMAXプロバイダでも料金支払いに使うことはできません。

WiMAXプロバイダの公式サイトで支払方法を確認すると、
プロバイダによっては「デビットカード・プリペイドカードは使えない」といった
趣旨の注釈が付いています。

「デビットカードが使えるWiMAXプロバイダはいくつかある」と説明しているサイトは、
こうした注釈が付いていないプロバイダを指して、「使えないとは書いてないので
デビットカードが使える可能性がある」としているんだと思われます。

しかし実際には、デビットカードが使えるのは楽天ブロードバンドWiMAXだけで、
しかも限られた金融機関のデビットカードしか使えません。

WiMAXの料金はクレジットカードで払った方がお得?

WiMAXの料金は、口座振替やデビットカードといったクレジットカード払い以外の
方法で支払うこともできます。

しかしWiMAXでは、クレジットカード払い以外で料金を支払うのは
あまりお得じゃなかったりするんですよね。

例えばUQWiMAX」では、新規申し込みで最大10,000円のキャッシュバックが
貰えるんですが、クレジットカード払いにすることでキャッシュバックが
3,000円プラスされる可能性があります。

要するに、口座振替だとキャッシュバックは最大10,000円ですが、
クレジットカード払いだと最大13,000円貰えるってことです。

BIGLOBEWiMAXでも、口座振替だとキャッシュバックは15,000円ですが、
クレジットカード払いだと2倍の30,000円が貰えます。

料金割引についても、口座振替だと料金が割引されるのは最初の2年間で、
クレジットカードだと1年長い3年間割引が続く上に割引額も少し大きくなるんですね。

BroadWiMAXにはキャッシュバックはありませんが、月額料金が安くなる代わりに、
18,857円の初期費用を最初に払わないといけません。

クレジットカードで申し込むとキャンペーンが適用されて、この高額な初期費用は
無料となりますが、口座振替だとキャンペーン対象外で無料にならないんです。

このように、WiMAXの料金を口座振替などで支払うよりも、
クレジットカード払いにした方がお得なこともあるんですね。

WiMAX以外のモバイルルーターだとコンビニ払いも可能?

WiMAX以外にもモバイルルーターサービスがありますが、WiMAX以外の
モバイルルーターサービスでは料金をコンビニ払いにすることはできるんでしょうか?

通信量無制限のモバイルルーターとしてWiMAXと双璧をなしているのが、
「ワイモバイル」です。

「ソフトバンクの格安SIM」のイメージが強いですが、早くからユニークなTVCMを
展開するなど、知名度的にはWiMAXよりワイモバイルの方が上かもしれないですね。

ワイモバイルもWiMAXと同様に、料金の支払方法は基本的に
 ・クレジットカード
 ・口座振替
のいずれかで、コンビニ払いには対応していません。

口座振替の手続きが完了するまでの期間や料金の延滞がある場合は、
ワイモバイルから請求書が送られてきて、暫定的にコンビニ払いとなることはあります。

しかしWiMAXと同じで、
恒常的にワイモバイルの料金をコンビニ払いにするということはできないんですね。

ワイモバイルも含めて、
ネクストモバイルなど口座振替に対応しているところは少ないながらもありますが、
コンビニ払いに対応しているモバイルルーターサービスはほとんどありません。

ドコモならモバイルルーターの料金をコンビニ払いにできるが・・・

私が調べた限りで、モバイルルーターサービスとして唯一コンビニ払いに
対応しているのは「ドコモ」だけです。

大手携帯キャリアの中で唯一独自のモバイルルーターサービスを行っており、
数あるモバイルルーターサービスの中で唯一コンビニ払いに対応しています。

ただドコモのモバイルルーターは、高い通信品質のドコモ回線が使えるというメリットは
あるものの、料金が高すぎるんですよね。

基本プランこそモバイルルーター専用のものですが、
パケットパックはスマホと同じものを使うことになります。

そのため、一番料金の安い月1GBまでしか使えないプランでも月額4,300円ですし、
月30GBまで使えるプランとなると料金が10,000円近くになってしまいます。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランが月額4,380円ですから、
いかにドコモの料金が高いか分かりますよね。

どうしてもコンビニ払いにしたいというのであれば、ドコモでモバイルルーターを
使うしかありませんが、これだけ料金が高いとちょっとオススメできないですね。

-クレカ・口座振替以外の支払い

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.