gmo wimax

GMOとくとくBBのWiMAXは審査が厳しい?

投稿日:

「どうせWiMAXを使うならお得な方が良いってことで、
高額なキャッシュバックが貰える『GMOとくとくBB』でWiMAXを申し込もう」

「GMOとくとくBBでのWiMAX申し込みはクレジットカード必須だから、
審査無しなんだよね~」

このように、WiMAXに限らず、スマホやモバイルルーターをクレジットカードで
申し込むと審査無しで契約できると思っている人って意外に多いんじゃないでしょうか?

ネットで調べてみても、クレジットカードでWiMAXを申し込むと審査無しと
説明しているサイトも実際にあります。

WiMAXをクレジットカードで申し込むと本当に審査無しで契約できるなら、
他のモバイルルーターサービスの審査に落ちたことがある人は是非とも申し込みたい
ですよね。

過去にモバイルルーターの審査に落ちたことが無い人でも、
申し込み時の審査で落とされることが無いわけですから、
審査無しになるようにクレジットカードでWiMAXを申し込もうと思います。

では、クレジットカードでのWiMAX申し込みを受け付けている
GMOとくとくBBなどでは、本当に審査無しで契約することはできるんでしょうか?

GMOとくとくBBにも申し込み時の審査はある

クレジットカードを持っている人は分かると思いますが、クレジットカードを作る際には
 ・氏名
 ・住所
 ・年齢
 ・電話番号
など申し込み時に聞かれる一般的な個人情報に加えて
 ・職業
 ・職場の連絡先
 ・勤続年数
 ・年数
などかなり踏み込んだ個人情報まで聞かれます。

それだけではなく、職場に電話が掛かってきて、
実際に勤務実態があるかどうかまで調べられます。

クレジットカード会社としては、料金を踏み倒されるのが一番困るわけですから、
こうした厳しい審査を行うことで踏み倒す危険性のある人物かどうかを審査している
わけですね。

詳しくは後述しますが、
WiMAXプロバイダの審査はクレジットカード会社ほど厳しくありません。

なので、より厳しい審査をくぐり抜けて作ったクレジットカードでの申し込みでは、
WiMAXプロバイダは改めて審査する必要が無い、というのがクレジットカードでの
WiMAX申し込みでは審査が無いと説明しているサイトの大方の言い分です。

一見もっともらしく、
私も全く事情を知らなければ「そうなんだ」と納得してしまいそうな理屈ではあります。

しかし実際にGMOとくとくBBに問い合わせてみたところ、
クレジットカードでの申し込みでも審査は行うとの回答でした。

考えてみれば当たり前で、
より厳しい審査をくぐり抜けて作ったクレジットカードでの申し込みとは言え、
そのクレジットカードの料金を頻繁に延滞しているかもしれませんよね。

場合によっては、その延滞が度を越していて、
クレジットカードが利用停止になっていることだって考えられます。

クレジットカードでの申し込みだからと言って無審査で契約していると、こういった
「料金延滞予備軍」をGMOとくとくBBは自ら招き入れることになってしまいます。

ですからGMOとくとくBBに限らず、クレジットカードでの申し込みに
対応しているWiMAXプロバイダでも審査無しってことはありえないんですね。

GMOとくとくBBではどんな審査を行っている?

GMOとくとくBBのWiMAXにクレジットカードで申し込みをしても審査があるのは
分かりましたが、その審査ではどんなことをしているのか気になりますよね。

自分でもパスできそうなら良いですが、もし自分ではパスできなさそうな審査内容の
場合はGMOとくとくBB以外でのWiMAX申し込みも検討しないといけません。

GMOとくとくBBへの問い合わせで審査内容についても聞いてみましたが、
「総合的な判断」という回答のみで、具体的な審査内容は教えてもらえませんでした。

GMOとくとくBBではどのような審査が行われているかは分からないので、
WiMAXのような通信サービスでは一般的にどんな審査が行われているのかを
見ておきましょう。

WiMAXなどの通信サービスの審査では
 ・職業
 ・年収
など申込者の「現在の状況」よりも、スマホなど他の通信サービスでの
料金延滞の有無といった「過去の実績」が重視されるようです。

ですからWiMAXを過去に使ったことがあり、その際に料金延滞していると
GMOとくとくBBに限らずWiMAXプロバイダの審査に落ちる可能性が高くなります。

またGMOとくとくBBはWiMAXだけでなく、
 ・フレッツ光
 ・ドコモ光
といった光回線でもプロバイダサービスを行っています。

こうした光回線のプロバイダとしてGMOとくとくBBを使っていて、
その料金を延滞している場合も、WiMAXの審査に大いに影響を及ぼします。

だからと言って、WiMAXや光回線のプロバイダとして
GMOとくとくBBを使ったことが無く、それどころかWiMAXのモバイルルーター自体
初めて使う場合は簡単に審査がパスできるというわけでもないんです。

スマホやモバイルルーターを契約すると、端末代の分割払いや毎月の
料金支払い状況が「CIC」という個人信用情報機関に登録されるようになっています。

ちなみにクレジットカードの料金支払い状況もCICに登録されています。

またスマホやモバイルルーターといった移動系サービスを行っている事業者では、
解約後の料金未払者の情報をお互いに交換しています。

GMOとくとくBBを始めとしたWiMAXプロバイダの審査では、CICの登録情報や
他の移動系サービス事業者と交換している情報を参考にすることもあります。

なのでクレジットカードの料金延滞はもちろん、他の通信サービスでの料金延滞が
GMOとくとくBBでの審査落ちの原因となることも十分に考えられるんですね。

申込書類の不備でも審査に落ちる

GMOとくとくBBに限らず、WiMAXなどの通信サービスでの審査落ちの原因として
意外に多いのが「申込書類の不備」なんだそうです。

ちょっとした誤字脱字程度なら、確認の電話やメールが来て訂正できたりしますが、
 ・申込書の住所とクレジットカードに登録されている住所が違う
 ・申込者とクレジットカードの名義が違う
などといった場合には、訂正できずに審査落ちとなってしまうこともあります。

親元を離れて一人暮らしをしている場合、就職して経済的にも独立していると
一人暮らしをしている自治体に住民票を移していることも多いかもしれません。

しかし学生や社会人でも、実家を離れて一人暮らしはしているものの、
住民票は実家のある自治体に残したままということも多いと思います。

クレジットカードを作る際には本人確認書類の提出が必要ですから、住民票を移して
いないということは、クレジットカードに登録されているのは実家の住所になります。

にも関わらず、GMOとくとくBBへの申込書に一人暮らしをしている現住所を書くと、
申込書とクレジットカードに登録されている住所が違うということになってしまうわけです。

また自身が結婚したとか、学生だと親の離婚や結婚で名字が変わるということも
あります。

この場合、クレジットカードの名義変更をしておかないと、申込者とクレジットカードの
名義が違うということになり、GMOとくとくBBの審査に落ちてしまうことになります。

通信サービスやクレジットカードの料金延滞が原因で審査に落ちるなら仕方ないですが、
未然に防げるミスである申込書類の不備での審査落ちはもったいないですね。

料金延滞も書類の不備も無いのに・・・

通信サービスはもちろんクレジットカードでも過去に料金延滞なんて
一度もしたことが無い、さらに何度もチェックしたので申込書類の不備も無い、
という場合でもGMOとくとくBBの審査に落ちる可能性はあります。

スマホではできなくなりましたが、WiMAXなどのモバイルルーターでは
現在でも新規申込で端末が0円で手に入れることができます。

以前は大手携帯キャリアのスマホでも同様に、
新規申込で最新機種を0円で手に入れることができました。

モバイルルーターではあまり聞かないものの、スマホではこの0円で最新機種が
手に入ることを利用した、詐欺まがいの金稼ぎをする不届き者が居たんです。

契約・即解約を何度も繰り返して最新スマホを何台も0円で手に入れ、それをネットや
リサイクルショップで売って金を稼ぐ行為が過去に実際に行われていました。

大手携帯キャリアを中心とした通信サービス事業者では、
こうした早期解約を繰り返すユーザーを「申し込みブラック」と認定し、
申し込み時の審査で落とすようにしています。

端末の転売目的かどうかは関係無いので、
「電波が弱い」「通信速度が遅い」などといった理由で何度か早期解約をしていると、
「申し込みブラック」と見なされている恐れがありますよ。

ただ、CICに登録されている信用情報や通信サービス事業者間で交換されている
不払い者の情報は少なくとも5年間消えないので、
数年間はWiMAXなどの審査に通りにくくなってしまいます。

しかし申し込みブラックはCICには登録されず、各事業者に情報が残るだけで、
事業者間でもどの程度申し込みブラックの情報が共有されているかは不明です。

なので他の通信サービス事業者に申し込みブラックと認定されていても、
GMOとくとくBBでは申し込みブラックと見なされないこともあるかもしれません。
(もちろん見なされて審査落ちする恐れもある)

ただし申し込みブラックの情報は長くても6か月しか残らないそうです。

ですから申し込みブラックに認定されている恐れがある場合でも、
半年ほど大人しくしていれば、次回の申し込みで審査に通る可能性がありますよ。

GMOとくとくBBでは口座振替も請求書払いも可能!?

WiMAXについて解説している一部のサイトでは、
GMOとくとくBBではクレジットカードだけでなく、
口座振替や請求書でも料金が支払えるとなっていることがあります。

しかしGMOとくとくBBの公式サイトには、
「お支払い方法はクレジットカード払いのみとなります」と書かれています。

GMOとくとくBBで口座振替や請求書払いができるとしているサイトは、恐らく
「BBウォレット」というGMOとくとくBBの独自サービスのことを指していると思われます。

BBウォレットはいわゆるプリペイドカードのようなもので、
予め一定金額をBBウォレットにチャージしておき、
そのチャージ分からGMOとくとくBBのサービス料金を支払うことができます。

このBBウォレットにチャージする手段として、
クレジットカードだけでなく口座振替や請求書払いにも対応しているんですね。

「BBウォレットでWiMAXの料金が支払える」
→「BBウォレットへのチャージは口座振替や請求書払いでも可能」
→「GMOとくとくBBではWiMAXの料金を口座振替や請求書で払える」
というような考え方なのではないでしょうか。

ただGMOとくとくBBでWiMAXを利用する場合、
契約後でないと支払方法をBBウォレットに変更できません。

あくまでGMOとくとくBBにWiMAXを申し込む際にはクレジットカードが必須であり、
口座振替や請求書払いでGMOとくとくBBのWiMAXを申し込むことはできませんよ。

GMOとくとくBBはクレジットカード無しでも申し込み可能

BBウォレットで料金が払えるようになるのは契約後であり、
GMOとくとくBBのWiMAX申し込み時にはクレジットカードが必須となります。

なのに「GMOとくとくBBはクレジットカード無しでも申し込み可能」というのは
おかしいですよね。

実はGMOとくとくBBでは、WiMAXとクレジットカードの申し込みが同時にできる
キャンペーンが行われているんです。

このキャンペーンを利用することで、WiMAXと同時に申し込んだクレジットカードで
料金を支払うことになりますが、申し込み時点ではクレジットカードを持っていなくても
GMOとくとくBBでWiMAXの申し込みができるってわけなんですね。

WiMAXを申し込むのにクレジットカードを作ろうと考えている場合は、同時に
申し込めるGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するのも良いんじゃないでしょうか。

ただし、キャンペーンとは言えクレジットカードを作るのにも審査があり、その審査を
パスできずクレジットカードが作れないとWiMAXの申し込みも受け付けてもらえません。

-gmo wimax

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.