未成年・学生

WiFiの契約、学生ならモバイルルーターがオススメ

投稿日:

「大学への進学が決まって、一人暮らしする物件も見つけたし、
後は新しい自宅で使うWiFiをどうするかだな」

「パソコンを使う機会ってあんまり無さそうだし、
インターネットはスマホでしか使わないからスマホのギガ数増やすだけでも良いかも」

大学や専門学校への進学で一人暮らしをすることになり、
一人暮らしの部屋のインターネット回線をどうしようか検討している人も多いと思います。

最近はスマホにタブレット、テレビ、ゲーム機など色々な機器がインターネットに
繋がるようになっている反面、パソコンでインターネットを使う機会が少なくなっています。

そのためスマホの料金プランをデータ容量の大きいものに変えるぐらいで、
一人暮らしの部屋にインターネット回線は不要と考えている人も居るかもしれませんね。

確かにプライベートではパソコンでインターネットを使う機会は少ないかもしれませんが、
大学や専門学校へ行くと、授業でパソコンを使うこともあります。

場合によっては、
パソコンでレポートを作成してメールで提出するように求められることもあったりします。

何よりスマホのギガ数を増やしたところで、
月末にはギガ数が足りなくなってスマホの利用を控えないといけなくなりますしね。

なのでパソコンを使うかどうかは別として、
一人暮らしの部屋でもWiFiを使えるようにしておいた方が良いと思います。

さらに一人暮らしの部屋でWiFiを使うのであれば、光回線など固定回線よりも
WiMAXなどのモバイルルーターの方がオススメです。

自宅でWiFiを使うにはインターネット回線が必要

通信関連に興味の無い人だと、一人暮らしの部屋でWiFiを使えるようにするのに、
「どこでWiFiが契約できるのか」を調べたなんてこともあるかもしれません。

WiFiというのは「無線LAN」の規格のことであり、
光回線やWiMAXなどのインターネット回線サービスのことじゃないんです。

通常パソコンを光回線などのインターネット回線に接続する場合は、
モデムやONUという機器にLANケーブルを使って有線接続します。

WiFiは簡単に言うと、
このLANケーブルの代わりにパソコンとインターネット回線を繋ぐ電波のことです。

なので自宅でWiFiを使うには、
まず光回線などインターネット回線を契約しないといけないというわけなんですね。

一人暮らしならインターネット回線は光回線よりモバイルルーター

一人暮らしの部屋でWiFiを使えるようにするのであれば、
インターネット回線は光回線よりもモバイルルーターの方が良いと思います。

光回線は固定回線と言われるもので、
通信速度や安定性など通信品質ではモバイルルーターを寄せ付けません。

しかし「固定回線」と言われるだけあって、基本的に持ち運びができず、
自宅でしか使うことができないんですね。

学生の一人暮らしだと、授業はもちろん、
 ・サークル
 ・アルバイト
 ・友人や恋人と遊びに行く
など場合によっては自宅に居ない時間の方が長かったりします。

そうすると、自宅でしか使えない光回線は使えない時間の方が長くなるので
無駄になりがちです。

その点モバイルルーターであれば、通信品質では光回線に及ばないものの、
持ち運び可能で無駄になりません。

なので一人暮らしの部屋でWiFiを使いたいのであれば、
インターネット回線は光回線ではなくモバイルルーターの方がオススメというわけです。

モバイルルーターには通信量無制限で使えるものもある

モバイルルーターが持ち運び可能で学生の一人暮らしにオススメと言われても、
心配なのは「通信制限」の問題です。

スマホと同じように使える通信量に上限があり、それを超えると通信に制限が
掛かると言うのであれば、自宅用としては使い勝手が悪いですよね。

確かにモバイルルーターでもスマホと同じように通信量に上限のあるものも多いですが、
 ・WiMAX
 ・ワイモバイル
など通信量無制限で使えるモバイルルーターもあります。

でも通信量無制限となると料金も高く、
学生の一人暮らしでは懐具合に大きな影響を与えそうですよね。

その点も心配無用で、
WiMAXもワイモバイルも無制限プランが月額4,380円で使えるようになっています。

WiMAXならプロバイダによっては月額3,000円台で無制限プランが使えるので、
光回線よりも料金が安く済みます。

アパートなど集合住宅だと光回線が選べないことも

学生が一人暮らしをするとなると、最近はシェアハウスなどもありますが、
アパートなどの集合住宅が一般的です。
(シェアハウスだと一人暮らしじゃないですしね)

アパートなどの集合住宅では、
利用できる光回線が決められていることも少なくありません。

最近はドコモ光やソフトバンク光などスマホとのセット割が利用できる光回線も
ありますが、集合住宅によっては自分が使っているスマホとのセット割がある光回線を
使えないことにもなってしまうんですね。

また集合住宅では1本の回線を各部屋に分配するんですが、集合住宅が採用している
分配方式によっては通信速度や安定性などの通信品質が下がってしまうこともあります。

WiMAXでauスマホとのセット割が使えるように、
モバイルルーターでもスマホとのセット割が利用できるものもありますし、
何より利用するサービスを自分で選べるというのが大きいと思いますよ。

ちなみに、使える光回線が決まっている集合住宅でもモバイルルーターを使うのは
入居者の自由で、大家さんや管理会社に許可を貰う必要はありませんよ。

モバイルルーターは学生でも契約できる?

モバイルルーターだけでなくスマホでもそうですが、こうした移動系の通信サービスを
申し込むと審査が行われ、それをパスしないと実際に契約することができません。

モバイルルーターなどの申し込み時の審査では、
「継続して料金を払い続けることができるか」が見られると言われています。

そうすると、アルバイト代ぐらいで安定した収入の無い学生では、
モバイルルーターの審査に通らないんじゃないかと心配になりますよね。

確かに社会人で安定した収入があるに越したことはないでしょうが、
学生だからと言ってモバイルルーターの審査に落とされるということは無いと思います。

一般的にモバイルルーターやスマホの審査では、継続して料金を払い続けられるか
どうかは、現在の収入ではなく過去の実績で判断されることが多いようです。

なので、過去にモバイルルーターやスマホなどの通信サービスで料金の延滞などが
無ければ、学生でもモバイルルーターの審査をパスできる可能性は大いにあります。

高校生までは親名義のスマホやモバイルルーターを使っていて、
大学や専門学校に進学して初めて自分名義で契約するという場合も多いはずです。

初めて自分名義でモバイルルーターを契約する場合は、料金延滞などの履歴も
一切無いので、逆に学生の方が審査に通りやすいということもあるかもしれませんね。

年齢制限のあるモバイルルーターサービスも

学生の一人暮らしにはモバイルルーターがオススメで、
審査にも通りやすいかもしれないんですが、モバイルルーターの事業者によっては
申し込みに年齢制限を設けている場合があります。

WiMAXの回線事業者である「UQWiMAX」やワイモバイルでは、
 ・UQWiMAX・・・13歳以上
 ・ワイモバイル・・・12歳以上
と中学生以上であれば、親権者の同意は必要ですが、
未成年でも契約することが可能です。

ところがUQWiMAX以外のWiMAXプロバイダでは、
18歳以下は申し込みができなくなっているところも少なくありません。

例えば
 ・So-net
 ・BroadWiMAX
などは19歳以上でないと申し込みができません。

またソフトバンクの回線を使う「ネクストモバイル」というサービスも、
19歳以上が対象となっています。

ですからこうしたプロバイダやサービスでは、大学生や専門学校生であっても、
高校卒業したての18歳だと契約できないということになるんですね。

ちなみに、基本的に20歳未満がモバイルルーターなどを申し込む場合には
親権者の同意が必要で、同意書だけでなく親権者の本人確認書類の提出を
求められることもあります。

So-netやBroadWiMAXは、
通常月額4,380円の無制限プランが3,000円台で利用できるWiMAXプロバイダです。

ネクストモバイルも
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と大容量プランが格安料金となっています。

それだけではなくネクストモバイルはソフトバンクの代理店なので、格安SIMに比べて
高い通信品質でソフトバンク回線が利用できるというメリットもあります。

同じモバイルルーターでも、18歳というだけでこうした料金が安かったり、
使い勝手の良いサービスが利用できないというのは少し痛いですね。

クレジットカード必須が多いのも学生にはネック

WiMAXプロバイダを始めとして、モバイルルーターサービスでは料金の支払方法を
クレジットカードに限定しているところが多くなっています。

例えばWiMAXには約20社のプロバイダがあるんですが、
その内クレジットカード無しでも申し込めるのは
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBE
 ・BroadWiMAX
の3社のみです。

先に名前の出てきたネクストモバイルでも、
20GBプランと50GBプランでの申し込みではクレジットカードが必須となっています。
(30GBのみ口座振替でもOK)

最近は学生でも作れるクレジットカードがあるとは言うものの、
実際には学生だとクレジットカードを持っていないことも多いでしょうし、
場合によっては親にクレジットカードを作らせてもらえないなんてこともあると思います。

こうしたクレジットカードを持っていないあるいは作らせてもらえない学生だと、
モバイルルーターの申し込み先が限られてしまうわけです。

学生だと、クレジットカードの代わりというわけじゃありませんが
 ・iTunesカード
 ・Google Playカード
 ・LINE Payカード
などのプリペイドカードや
 ・Suica
 ・PASMO
などといった電子マネーを利用している場合も多いと思います。

ただ残念ながら、こうしたプリペイドカードや電子マネーでの料金支払いに
対応しているモバイルルーターサービスはありません。

また毎月請求書が送られてきて、
それを金融機関やコンビニなどの窓口に持って行って現金で支払う
いわゆる請求書払いに対応しているモバイルルーターサービスもほとんど無いです。

多様な支払方法に対応しておらず、クレジットカード無しだと選択肢が大幅に
制限されてしまうというのは、学生がモバイルルーターを使う上では大きなネックですね。

-未成年・学生

Copyright© さくさくモバイルルーター , 2019 All Rights Reserved.