uqwimax

UQWiMAXで審査落ち!?WiMAXに審査なんてあるの?

投稿日:

「げっ、UQWiMAXに申し込んだら審査落ちしたよ・・・」

「WiMAXはクレジットカードなら審査なしって聞いたんだけど、
UQWiMAXは申し込み時の審査が厳しいのかなぁ?」

WiMAXのように月額料金を払って利用する通信サービスでは、
継続して料金の支払いができるかどうかなどの審査が申し込み時に行われます。

クレジットカードを作る際には
 ・職業
 ・勤続年数
 ・収入
などの踏み込んだ個人情報を聞かれるとともに、職場に電話が掛かってくることも
あるので、審査されていることが申込者にも分かりやすくなっています。

ところがWiMAXなどのモバイルルーターの審査では、
そこまで踏み込んだ個人情報の提供は求められませんし、
まして職場に電話が掛かってくることもありません。

そのため申込者には「審査されている」という自覚があまりないんですが、
実際には審査をパスしないことにはWiMAXの契約はできないんですね。

しかし身近にWiMAXで審査落ちしたという話をあまり聞きませんから、
「本当にWiMAXで審査落ちすることがあるのか?」と思っている人も多いかも
しれません。

では、WiMAXでは申し込み時にどういった審査が行われ、
どういった原因で審査落ちすることになるのでしょうか?

WiMAXでは支払方法に関係無く審査が行われる

WiMAXでは支払方法がクレジットカードのみとなっているところも多いんですが、
UQWiMAXではクレジットカードと口座振替のどちらにも対応しています。

このようにクレジットカードと口座振替の両方に対応しているWiMAXプロバイダでは、
口座振替よりクレジットカードで申し込む方が審査が緩いと言われることがあります。

WiMAX関連のサイトでは、審査が緩いどころか、
WiMAXをクレジットカードで申し込むと審査無しだと説明されていたりもします。

最初にも書いたように、
クレジットカードを作る際にはクレジットカード会社によって厳しい審査が行われます。

クレジットカードを持っているということは、
その厳しい審査をパスしたということになりますよね。

そうするとクレジットカード会社ほど厳しい審査を行っていないWiMAXプロバイダは
改めて審査する必要が無く、クレジットカードでの申し込みだと審査無しでWiMAXが
契約できるという理屈になるわけです。

一見もっともらしい理屈なんですが、
WiMAXをクレジットカードで申し込むと審査無しになるというのは正しくありません。

クレジットカードと口座振替の両方に対応している
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
の3社に問い合わせたところ、いずれも
「支払方法に関係無く、申し込み時には審査を行う」という答えが返ってきました。

クレジットカードでの申し込みだと、本人確認書類が不要だったりして、
口座振替の場合よりも多少手続きが簡素になることはあります。

しかしクレジットカードで申し込んだからと言って、
口座振替よりも簡単にWiMAXが契約できるということはありませんよ。

WiMAXの審査では何が見られている?

クレジットカードを作る時のように
 ・職業
 ・勤続年数
 ・収入
などを聞かれると、詳しい審査内容を知らなくても、クレジットカードの料金を継続して
払えるだけの安定した収入があるかどうかを見ているんだろうな、と推測できます。

WiMAXの審査でも継続して料金が払えるかを見ているんでしょうけど、申込書では
 ・住所
 ・氏名
 ・電話番号
といった一般的な個人情報しか求められておらず、
どういったところを見て審査しているのか申込者には分かりにくいですよね。

UQWiMAXを含めた先の3社に問い合わせた際には、
申し込み時に審査があるということは教えてもらえましたが、
その審査ではどういったところを見ているのかまでは教えてもらえませんでした。

なのでWiMAXの審査では何が見られるか分かりません・・・で済めば簡単なんですが、
さすがにそれでは無責任です。

教えてもらえない以上「UQWiMAXでは」といった個別の話はできないので、
一般的に通信サービスの審査でどんなことが見られているのかを紹介しておきましょう。

まず「過去に通信サービスの料金を延滞したことが無いかどうか」が見られます。

例えばUQWiMAXであれば、過去にUQWiMAXを使っていて、
その料金を延滞したことがあると審査落ちする可能性が高くなります。

UQWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズは
「UQモバイル」という格安SIMサービスも行っており、UQモバイルの料金延滞も
UQWiMAXの審査に影響を及ぼす恐れが大いにあります。

じゃあUQWiMAX以外の料金延滞なら問題無いかと言うと、
そういうわけでもありません。

スマホやモバイルルーターといった通信サービスを契約すると、端末代の分割払いや
月額料金の支払い状況が「CIC」という個人信用情報機関に登録されます。

また大手携帯キャリアなどの移動系通信サービス事業者の間では、
解約後の料金未払い者の情報を互いに交換しています。

UQWiMAXなど通信サービス事業者によっては、
CICに登録されている信用情報や通信サービス事業者間で交換している情報を
申し込み時の審査の参考にすることがあります。

なので他社の通信サービスでの料金延滞が原因となって、
UQWiMAXで審査落ちするということも十分考えられるわけです。

クレジットカード料金の延滞もWiMAXの審査落ちの原因に

クレジットカードの利用状況もCICに登録されていますから、
クレジットカードの料金延滞もUQWiMAXの審査に影響を及ぼします。

料金未払いでクレジットカードの利用が止められていれば当然審査落ちですし、
利用停止まではなくても頻繁にクレジットカード料金を延滞していると審査落ちする
恐れがあります。

もしクレジットカードでの申し込みだからと言って無審査にしていると、
将来の料金延滞者をWiMAXプロバイダはみすみす見逃してしまうことになるんです。

なのでクレジットカードでの申し込みでも、
WiMAXプロバイダはしっかり審査しているということが分かりますよね。

口座振替の場合は、
 ・口座が不正に作られたものでないか
 ・口座が犯罪に使われたことがないか
 ・残高不足で引き落とし不可になったことはないか
などがWiMAXの申し込み時の審査では見られます。

普通に生活していれば、不正な方法で口座を作る必要がありませんし、
自分の口座が犯罪に使われるなんてこともまずありえません。

またWiMAXの口座振替用に新しく口座を作った場合には、
過去に残高不足に陥ったことも無いわけですから、そういう意味では
クレジットカードよりも口座振替での申し込みの方が審査が緩いかもしれないですね。

一切の料金延滞をしたことが無いのにWiMAXで審査落ち!?

モバイルルーターはもちろんスマホでも料金延滞を一度もしたことが無い、
クレジットカードも利用停止になるどころか1日たりとも支払いが遅れたことが無い、
という人の方が多いかもしれません。

しかしこういった一切料金延滞をしたことが無い人でも、
WiMAXで審査落ちするおそれがあるんです。

「申し込みブラック」って言葉、聞いたことありませんか?

UQWiMAXに申し込みブラックだと見なされると、
過去に料金延滞を一切したことが無くても、審査落ちしてしまいます。

総務省が大手携帯キャリアに端末代とスマホ料金を切り離すよう提言したことが
ニュースになっていますが、少し前までは大手携帯キャリアで新規申込すると0円で
最新のスマホを手に入れることができました。

これを利用すると、契約してはすぐに解約するといったことを繰り返すことで、
何台もの最新スマホを0円で手に入れることも可能だったんです。

0円で手に入れたとは言え最新スマホですから、
ネットやリサイクルショップではそれなりの値段で転売することができます。

早期解約による違約金を払っても十分お釣りが来るぐらいのお金が手に入るので、
スマホの転売目的で契約・解約を繰り返す不届き者が結構居たんですね。

このように短期間に何度も早期解約していると「申し込みブラック」と見なされて、
料金延滞などが一切無くてもUQWiMAXの審査に落ちてしまうことあります。

スマホの転売目的は関係無いので、「電波が弱い」や「通信速度が遅い」などの理由で
何度か早期解約している場合でも「申し込みブラック」と見なされてしまうかもしれません。

ただ、CICに登録されている情報や移動系通信サービス事業者間で交換されている
情報は、少なくとも5年間は消えません。

しかし「申し込みブラック」は早期解約した通信サービス事業者に情報が残るだけで、
事業者によって期間は違いますが、3~6か月ほどで申し込みブラックの情報は
消えるようです。

なので過去に料金延滞があると5年間は審査落ちの危険性が高いですが、
申し込みブラックは半年ほどで情報が消えて審査落ちの心配も無くなりますよ。

ネクストモバイルなら審査落ちの心配無し!?

何らかの原因でUQWiMAXに審査落ちすると、
また審査に落ちるんじゃないかと不安になって、
他のモバイルルーターサービスへの申し込みに二の足を踏んでしまいます。

実は私も、スマホ代の延滞が原因でソフトバンクのポケットWiFiの審査に
落ちたことがあるので、この気持ちがよく分かります。

ところがモバイルルーターサの審査について色々と調べていると、
UQWiMAXの審査に落ちた人でも審査落ちの危険性が低い
モバイルルーターサービスを見つけました。

それが「ネクストモバイル」です。

WiMAXやワイモバイルといったメジャーどころに比べると知名度では敵いませんが、
「ソフトバンクの代理店」なので安心して利用することができます。

ソフトバンクの代理店ですから当然ソフトバンクのLTE回線が使えますし、
格安SIMのようにソフトバンク回線を借りるのではなく、
ソフトバンク回線そのものが使えるんです。

ソフトバンク回線を借りている格安SIMだと、対応エリア内なのに電波が弱くなったり
通信速度が極端に遅くなったりすることもあります。

しかしネクストモバイルではソフトバンク回線そのものを使いますから、
ほぼソフトバンクと同じ高い通信品質で利用することができるんですね。

にも関わらず、
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と大容量プランがソフトバンクよりもかなり安い料金となっています。

ちなみに、20GBプランと50GBプランはクレジットカードが必須ですが、
30GBプランはクレジットカードに加えて口座振替でも料金支払いができます。

このネクストモバイルに申し込み時の審査について問い合わせたところ、
「支払方法に関係無く審査がある」こととともに、
その審査でどういったことを見ているかも教えてくれました。

ネクストモバイルの申し込み時の審査では、
「自社サービスで料金未払いが無いか」ぐらいしか見ないんだそうです。

ですから、過去にネクストモバイルを利用したことがあっても料金未払いが無ければ
問題ありませんし、初めてネクストモバイルを使う場合はほぼ審査無しなんですね。

大容量プランはあるものの無制限プランが無いので、
WiMAXのモバイルルーターより少し使い勝手は良くないかもしれません。

しかしネクストモバイルで使用するソフトバンクのLTE回線は、対応エリアが
WiMAXより広いですし、先にも書いたように高い通信品質で利用することができます。

UQWiMAXで審査落ちして、
他の通信サービスでも審査落ちするんじゃないかと不安な場合でも、
ネクストモバイルに申し込んでみると案外あっさり審査をパスできるかもしれないですよ。

-uqwimax

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.