クレカ・口座振替以外の支払い

WiMAXはLINE Payカードでも料金を払える?

投稿日:

「WiMAXの料金を『LINE Pay』で支払うことってできないのかな?」

「WiMAXは口座振替で申し込むとお得じゃないって言うし、クレジットカードが無いから
LINE Payカードみたいなプリペイドカードで契約できたら良いんだけど」

外国人観光客の増加によって、LINE Payカードのようなチャージ型プリペイドカードなど
電子マネーの利用がこの数年で増えてきています。

停電時の対応などまだまだ不安な点は多いものの、現金を持ち歩かなくて良い、
支払いが簡単など便利な点も少なくありません。

電子マネーによっては、支払額に応じて一定のキャッシュバックやポイントバックが
貰えることもあるので、現金よりもお得だったりするんですよね。

ではLINE Payカードなどチャージ型のプリペイドカードや電子マネーで、
WiMAXの料金を支払うことは可能なのでしょうか?

WiMAXの料金支払方法はクレジットカードと口座振替のみ

無料通話アプリ「LINE」の格安SIMである「LINEモバイル」は、
LINE Payカードで料金を支払うことができるようになっています。

ただこれは、自社のサービスを自社の電子マネーで支払うという形ですから、
当然とは言わないまでも、LINEモバイルの料金をLINE Payで払えるのは
不思議ではありません。

ただWiMAXの料金支払方法は、プロバイダによっては口座振替も可能ですが、
基本的にクレジットカードとなっています。

なので、LINE Payカードはもちろん、
その他のプリペイドカードや電子マネーでWiMAXを料金を支払うことはできません。

「申し込みの時はクレジットカードが必要でも、契約後に支払方法を電子マネーに
変えたりはできるんじゃない?」なんて思ってたりするかもしれません。

口座振替可能なWiMAXプロバイダでは、クレジットカードで申し込んで契約後に
口座振替に変更することはできます。
(もちろん口座振替→クレジットカードもできる)

しかし契約後であっても、プリペイドカードや電子マネーはもちろん、
口座振替とクレジットカード以外の支払方法に変更することはできません。

申し込み時にクレジットカード必須となっているWiMAXプロバイダでは、
基本的に支払方法の変更はできない場合がほとんどです。

口座振替ができるWiMAXプロバイダすら少ない

LINE Payカードなどのプリペイドカードや電子マネーどころか、口座振替で料金を
支払うことができるWiMAXプロバイダも片手で数えられるぐらいとなっています。

WiMAXプロバイダは全部約20社ありますが、その内口座振替に対応しているのは
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
の3社だけです。

以前はこの3社以外にも何社か口座振替に対応しているところがありましたが、
現状ではこの3社のみとなっています。

「UQWiMAX」は、大手携帯キャリア「au」と同じKDDIグループで、
WiMAXの回線事業者でもあります。

「BIGLOBEWiMAX」は、光回線などのプロバイダとしても有名で、
WiMAXでは高額なキャッシュバックが貰えるキャンペーンも行っています。

「BroadWiMAX」は、一般的な知名度こそ低いですが、
最安クラスの料金ということでWiMAXユーザーの間では有名です。

いずれも特徴のあるプロバイダであり、
クレジットカードが無いからと言ってWiMAXがお得に使えないわけではありません。

とは言え、クレジットカードなら約20もプロバイダの選択肢があるのに、
口座振替だと選択肢が3になってしまうのは痛いところですね。

WiMAXでデビットカードが使えるって本当?

WiMAXの料金支払方法について調べていると、
「デビットカードでWiMAXの料金支払ができる」と説明しているサイトを見掛けます。

しかも何年も更新されていないような情報の古いサイトではなく、
つい最近更新されているサイトでもこういった説明がされている場合があります。

WiMAXでデビットカードが使えるかどうかの前に、
デビットカードについて簡単に説明しておきましょう。

銀行など金融機関では、通帳とハンコが無くても、
キャッシュカードで自分の口座からお金の出し入れができますよね。

このキャッシュカードに、プリペイドカードなどの電子マネーのような機能を
持たせたものが「デビットカード」となります。

クレジットカードで買い物などの支払いをすると、
一旦クレジットカード会社が立替払いをしてくれます。

そして1~2か月後にクレジットカードの請求が来て、
立替払いをしてもらっていた分をクレジットカード会社に払うという形になります。

対してデビットカードで支払いをすると、
その場で紐づけされている金融機関の口座からお金が引き落とされます。

クレジットカードは口座の残高に関係なく毎月限度額まで使うことができますが、
デビットカードは口座の残高以上使うことはできません。

なので、
チャージした分しか使えないプリペイドカードに感覚的には近いかもしれないですね。

肝心のWiMAXでデビットカードが使えるかですが、
基本的にはWiMAXでデビットカードは使えません。

例外として「楽天ブロードバンドWiMAX」は、公式サイトに
 ・楽天銀行
 ・スルガ銀行
のデビットカードに限り使えるといった趣旨のことが書かれています。

しかしそれ以外のWiMAXプロバイダでは、
基本的に支払方法をデビットカードとして申し込むことはできません。

WiMAXプロバイダによって、「デビットカードやプリペイドカードはダメ」と書いている
ところもあれば「クレジットカードのみ」としか書かれていないところもあります。

先の「WiMAXでデビットカードが使える」と説明しているサイトでは、
この「クレジットカードのみ」のプロバイダを指して、「デビットカードがダメと
書かれていないので使える可能性がある」としているみたいですね。

ネットの口コミなどを見ると、
実際「過去にデビットカードを使ってWiMAXを契約した」と書き込んでいる人も居り、
以前はWiMAXでもデビットカードが使えたことはあったようです。

しかし現在では、楽天ブロードバンドWiMAXを除いたWiMAXプロバイダでは
デビットカードは使えないと思っておいた方が良いですね。

「WiMAXでコンビニ払いができる」もデマ?

大手携帯キャリアのスマホを使っている人の中には、スマホ代は毎月送られてくる
請求書をコンビニなどに持って行って現金で払っているという場合も少なくないでしょう。

スマホ代だけでなく、電気・ガス・水道といった公共料金も
「コンビニ払い」にしているなんて人もまだまだ多いかもしれません。

コンビニに足を運ぶという手間は掛かるものの、
請求書での支払いでは紙の領収書が手元に残りますし、
現金で支払うことができるのでお金の出入りが分かりやすいというメリットもあります。

学校や仕事の帰りに毎日のようにコンビニに立ち寄っているという場合には、
コンビニに足を運ぶことすら手間ではないですしね。

WiMAXについて解説しているサイトの中には、
「GMOとくとくBB」というWiMAXプロバイダでは
コンビニ払いでWiMAXの料金が払えるとしている場合があります。

デビットカードでの支払いについては、先にも書いたように
楽天ブロードバンドWiMAXであれば可能ですから、正しくないとも言えません。

しかしGMOとくとくBBでWiMAXの料金をコンビニ払いにできるというのは、
完全に正しくない情報です。

GMOとくとくBBの公式サイトを確認しても、料金支払方法は「クレジットカードのみ」
となっており、コンビニ払いどころか口座振替さえできません。

ちなみにWiMAXを法人で契約する場合には、クレジットカードや口座振替だけでなく、
請求書による料金支払いもできるようになっています。

ところが個人で契約する場合には、GMOとくとくBBはもちろん、
約20あるプロバイダ全てでコンビニ払いにすることはできません。

WiMAXを申し込む時はもちろん、
契約後にクレジットカードや口座振替からコンビニ払いに変更することも無理です。

ただし口座振替でWiMAXを申し込んだ場合、
一時的に請求書で料金を支払うことがあります。

口座振替での申し込みでは、WiMAXプロバイダと金融機関との間で口座振替に
関する手続きを行うんですが、この手続きに1か月以上掛かることもあるんです。

実際口座振替可能なUQWiMAXの公式サイトには、
「口座振替手続きが完了するまでに1~2か月かかります」と書かれています。
(「」内は引用)

そうすると、WiMAXを申し込む時期によっては、
WiMAXプロバイダと金融機関との口座振替手続きが完了する前に
WiMAXの料金支払日が来てしまうことがありますよね。

口座振替手続きが完了するまでに支払日が来た場合は、WiMAXプロバイダから
請求書が送られてきてコンビニなどで料金を支払うことになるんです。

とは言え、これは口座振替手続きが完了するまでの一時的なことであり、
恒常的にコンビニ払いでWiMAXの料金を払い続けることはできませんよ。

WiMAX以外のモバイルルーターだとLINE Payカードで支払いができる?

WiMAXは基本的にLINE Payカードなどのプリペイドカードやデビットカードでは
料金の支払いができませんが、WiMAX以外のモバイルルーターサービスだと
どうなのでしょうか。

通信量無制限のモバイルルーターとしてWiMAXと双璧をなしているのが、
ふて猫などのユニークなTVCMでもお馴染みの「ワイモバイル」です。

ワイモバイルの公式サイトを見ると、「デビットカードはご利用になれません」と
デビットカードが利用できないことは書かれていますが、
LINE Payカードなどのプリペイドカードについては言及がありません。
(「」内は引用)

とは言え、デビットカードが使えないのにプリペイドカードが使えるというのは
考えにくいですから、プリペイドカードも使えないと考えた方が良いと思います。

それから、ワイモバイルと同じソフトバンク系のモバイルルーターサービスで
「ネクストモバイル」というものがあります。

実はこのネクストモバイルは、私が使っているモバイルルーターサービスです。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線が
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
という格安料金で使えるところが大きなメリットです。

そのネクストモバイルの支払方法を調べてみたところ、基本はクレジットカードのみで、
30GBプランに関しては口座振替も可能となっています。

注意事項に「デビットカード・au WALLET・プリペイドカードはご利用いただけません」
と掛かれており、デビットカードもLINE Payカードなどのプリペイドカードも
使えないことが分かります。
(「」内は引用)

WiMAX以外のモバイルルーターサービスでも、LINE Payカードなどの
プリペイドカードで料金を支払うことは、現状ではできないんですね。

-クレカ・口座振替以外の支払い

Copyright© さくさくモバイルルーター , 2019 All Rights Reserved.