WIMAXの審査

WiMAXの契約にブラックリスト入りは関係無い!?

投稿日:

「ちょっと前に、料金が払えなくてクレジットカードの利用が止められちゃった」

「これっていわゆる『ブラックリスト入り』ってやつで、
スマホとかモバイルルーターを契約するのは難しいよね・・・」

「でもWiMAXなら料金支払方法を口座振替にすることで、
『ブラックリスト入り』してる状態でも契約できるって聞いたんだけど、本当?」

スマホやモバイルルーターあるいはクレジットカードなどの料金を滞納した場合には、
「ブラックリスト入り」すると一般的に言われます。

このブラックリスト入りした状態では、クレジットカードを作るのはもちろん、
スマホやモバイルルーターといった月額料金を払って利用するサービスも
契約できなくなるとされています。

しかしネットで調べてみると、WiMAXを口座振替で申し込むとブラックリスト入り
していても契約できるなどいった情報が書かれているサイトが実際にあります。

にわかには信じがたいですが、本当に口座振替ならブラックリスト入りしていても
WiMAXを契約することはできるんでしょうか?

WiMAXの申し込み時には必ず審査が行われる

スマホやモバイルルーターといった月額料金を払って利用するサービスを申し込みの
際には審査が行われ、それをパスしないことには契約・利用することができません。

一般的に、口座振替での申し込みなら審査はあるが、
クレジットカードでの申し込みだと審査が無いなんて言われることもあります。

これは、クレジットカードを作る際により厳しいクレジットカード会社の審査を
パスしているので、スマホやモバイルルーターなどの事業者が改めて審査する必要が
無いから、ということです。

「なるほど!」と膝を打ってしまいそうな理屈ですが、
実際にはクレジットカードでの申し込みでも審査は行われます。

何軒かのWiMAXプロバイダに直接問い合わせたことがあるんですが、
いずれも「支払方法に関係無く審査は行う」という回答でした。

冒頭のように、クレジットカードを持っていても利用が止められていることもありますし、
利用停止までいかなくても頻繁に料金延滞を繰り返していることも考えられます。

クレジットカードでの申し込みだからと言ってWiMAXプロバイダが無審査で
契約していると、こういう「料金延滞予備軍」も招き入れてしまうことになります。

ですからWiMAXに限らず、審査なしで契約できるスマホやモバイルルーターは
ほとんど無いと思った方が良いですよ。

口座振替ならブラックリスト入りでもWiMAXが契約できるのは本当?

WiMAXの申し込みでは支払方法に関係無く審査があるというのは分かりましたが、
肝心なのは口座振替での申し込みだとブラックリスト入りしていても
契約できるどうかってことですよね。

結論から言うと、いわゆるブラックリスト入りしているような状態でも、
口座振替での申し込みであればWiMAXが契約できる可能性はあると思います。

WiMAXプロバイダへの問い合わせで、支払方法に関係無く審査があるということは
分かったんですが、その審査内容までは分かりませんでした。

なのでWiMAX個別の話ではなく一般論になりますが、口座振替の審査では
 ・過去にスマホやモバイルルーターで料金延滞が無いか
 ・料金支払に使う口座が不正に作られたものでないか
 ・口座が過去に犯罪に利用されたことが無いか
 ・残高不足による引き落とし不可となったことが無いか
などが調べられます。

要するに口座振替の審査では、
クレジットカードの料金支払状況までは調べられない可能性があるということです。

ですから、冒頭のようにクレジットカードの料金延滞によってブラックリスト入りしている
のであれば、口座振替での申し込みで契約できる可能性があるんですね。

ただし先にも書いたように、WiMAXプロバイダの審査内容が詳しく分からないので、
クレジットカードのブラックリスト入りを理由に、
口座振替での申し込みの審査に落ちることも十分考えられます。

あくまで「可能性がゼロじゃない」というだけであって、口座振替ならブラックリスト入り
していても確実にWiMAXが契約できるというわけではありません。

スマホやモバイルルーターの料金延滞によるブラックリスト入りならアウト

クレジットカードの料金延滞だけでなく、スマホやモバイルルーターの料金を
延滞することでもブラックリスト入りすることがあります。

WiMAXに限らずスマホやモバイルルーターの審査では、
必ず過去にスマホなどの通信サービスで料金延滞が無いかが調べられます。

過去にWiMAXで料金延滞があってWiMAXの申し込み審査に通らないのは
当たり前で、WiMAX以外の通信サービスで料金延滞があった場合も
WiMAXの審査に落ちることがあります。

スマホやモバイルルーターといった移動系通信サービスを提供している事業者では、
解約後の料金不払者の情報が互いに交換されています。

またスマホやモバイルルーターなどの月額料金や端末代の支払状況については、
「CIC」という個人信用情報機関に登録されています。

WiMAXの申し込み時の審査では、こういった情報を参考にすることがありますから、
WiMAX以外の通信サービスで料金延滞があると、
WiMAXの審査に通らなくなる可能性が高くなるわけです。

クレジットカードのブラックリスト入りの場合は、
少ないながらもWiMAXが契約できる可能性があります。

しかしスマホやモバイルルーターの料金延滞によるブラックリスト入りだと、
WiMAXが契約できる可能性はほとんど無いと思った方が良いかもしれませんね。

この世に「ブラックリスト」なんて存在しない!?

クレジットカードやスマホなどの料金延滞で「ブラックリスト入り」と言うと、ブラックリストと
言われる冊子のようなものに名前が記載されるといったイメージがありますよね。

通信サービスの事業者やプロバイダによってはそういう冊子を作っている場合も
あるかもしれませんが、実際にはブラックリストという冊子は存在しません。

一般的に「ブラックリスト入り」と言うのは、
CICなどの個人信用情報機関に「金融事故」の情報が登録されることなんです。

金融事故として登録されるのは、1つには
 ・ローンやキャッシングの返済
 ・クレジットカードの料金支払
 ・スマホやモバイルルーターなどの料金支払
 ・奨学金の返還
などを長期間に渡って延滞した場合です。

長期間と言うと曖昧ですが、CICの場合は「支払期日から61日以上または
3か月以上」遅れると金融事故として登録されてしまいます。

それから、弁護士や裁判所を通じて借金や料金の支払いを減額または免除してもらう
「債務整理」を行った場合も金融事故として記録されます。

さらに、キャッシングやローンの返済、家賃の支払いができずに
保証会社が代わりに支払う「代位弁済」が行われた場合も金融事故となります。

債務整理や代位弁済はともかく、スマホやモバイルルーターの料金を延滞しただけでも
金融事故になるので注意したいですね。

ただし金融事故として記録されるのは「期日から61日以上延滞」した場合で、
1~2日支払いが遅れたぐらいでは金融事故にはなりませんよ。

ブラックリスト入りしているかどうかは自分で調べられる

過去にスマホの料金延滞があり、それが金融事故として記録されていて、
WiMAXの審査に落ちるかもと考えてしまう場合もあると思います。

自分自身の信用情報、すなわちいわゆるブラックリスト入りしているかどうかは、
自分で調べることもできるんです。

国内には、先に何度か名前の出たCICに加えて
 ・JICC
 ・JBA
という3つの個人信用情報機関があります。

CICは「クレジットカード・信販系」と言われ、
クレジットカードや分割払いで商品を購入した際の支払情報が登録されています。

スマホやモバイルルーター、自動車をディーラーのローンで購入した情報なども、
このCICに登録されます。

JICCは「消費者金融系」で消費者金融での借り入れや返済、JBAは「銀行系」で
銀行や信用金庫などの金融機関での借り入れ・返済の情報が登録されています。

ちなみに、大学や専門学校の入学金・授業料として奨学金を利用している場合、
その返還状況は銀行系のJBAに登録されます。

また同じローンでも、自動車のようにディーラーのローンだとCIC、住宅のように
銀行のローンだとJBAと情報が登録されている機関が違うので注意しましょう。

CICとJICCは
 ・インターネット
 ・郵送
 ・窓口
のいずれかで信用情報の開示請求ができ、JBAでは郵送での請求のみとなります。

さらに自分自身の信用情報とは言え、開示請求にはインターネットか郵送で
請求する場合は1,000円、窓口だと500円の手数料が必要です。

手数料の支払方法は、CICの場合
 ・インターネット・・・クレジットカード
 ・郵送・・・郵便小為替
 ・窓口・・・現金
と請求方法ごとに支払方法が決まっています。

JICCの場合は
 ・インターネット・・・クレジットカード
             コンビニ払い
             ペイジー(対応ATM、オンラインバンキング)
 ・郵送・・・クレジットカード
       郵便小為替
 ・窓口・・・現金
となっており、窓口以外は支払方法が選べます。
(JBAは郵便小為替のみ)

ブラックリスト入りの情報は永遠に消えない?

スマホやモバイルルーターの料金を2~3か月以上延滞すると、
金融事故としてCICに登録され、いわゆるブラックリスト入りとなってしまいます。

この1年以内にブラックリスト入りしたのであれば、
WiMAXの審査に落ちたとしても諦めがつきますよね。

しかしブラックリスト入りしたのは5年10年前のことで、
この数年は一切延滞していないという場合は、
ブラックリスト入りが原因でWiMAXの審査に落ちたとなるとちょっと納得ができません。

ではいわゆるブラックリスト入りの情報は、
永遠にCICなどの個人信用情報機関に登録されたままなのでしょうか?

さすがに永遠にブラックリスト入りのままということはなく、
一定期間が経過すれば金融事故の情報は個人信用情報機関から抹消されます。

CICでは
 ・61日以上または3か月以上の料金延滞
 ・任意整理
 ・特別調停
 ・個人再生
の金融事故情報は、5年経過で抹消となります。

自己破産を行った場合には、7年間登録されたままになります。

ただしスマホやモバイルルーターなどの料金延滞は、解約後5年で抹消となり、
契約が継続している間は何年経っても金融事故の情報は消えません。

JICCでは、61日以上の延滞は1年間、それ以外の
 ・3か月以上の延滞
 ・代位弁済
 ・任意整理
 ・特別調停
 ・個人再生
 ・自己破産
 ・強制解約
は5年間金融事故の情報が残ります。

JBAは
 ・61日以上または3か月以上の延滞
 ・代位弁済
 ・任意整理
 ・特別調停
 ・個人再生
だと5年、自己破産は10年経過しないと金融事故の情報は消えません。

スマホやモバイルルーターの料金延滞では、
少なくとも5年ブラックリスト入りしたままになってしまいます。

私も経験がありますが、正直な話、スマホやモバイルルーターの料金を
2~3か月延滞することってそんなに難しくないんですよね。

確かに料金延滞するのは簡単なんですが、その情報が消えるまで
5年掛かることを考えると、延滞しないに越したことはありませんね。

-WIMAXの審査

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.