WIMAXの審査

WiMAXの審査に落ちた・・・その原因は?

投稿日:

「営業へ異動になったので、
外回りの時でもネットが使えるようにWiMAXのモバイルルーターを契約しよう!」

「・・・と思ったのに、いざWiMAXに申し込んでみたら審査に落ちた、どうして!?」

プライベートでの利用が目的ならともかく、仕事で必要なのにWiMAXの
モバイルルーターが契約できないとなると、不便どころの話ではないですよね。

一般的にあまり意識されることはありませんが、
スマホやモバイルルーターの申し込み時には「審査」行われます。

審査と言っても、クレジットカードを作る際のように職場に電話が掛かってくる
なんてことが無いので、「審査されている」ことを意識しないんですね。

とは言え申し込み時の審査をパスしないことには、
WiMAXのモバイルルーターを契約することも利用することもできません。

ではWiMAXのモバイルルーターの審査に落ちる原因は、
一体どこにあるのでしょうか?

WiMAXの審査に落ちる原因は?

実は私、過去にソフトバンクのポケットWiFiの審査に落ちたことがあり、
それがきっかけでモバイルルーターの申し込み時の審査について色々調べ始めました。

WiMAXのプロバイダにも何軒か問い合わせたものの、審査の有無については教えて
くれるものの、その審査内容までは教えてもらえることはほとんどありませんでした。

しかし色々と調べる内に、
スマホやモバイルルーターの審査に落ちる原因がいくつか見えてきたんです。

まずスマホなど審査に落ちる原因としてもっともポピュラーなのが、
「過去にスマホやモバイルルーターの料金を延滞した」ということです。

WiMAXプロバイダに限らず通信サービス事業者は、
料金を払ってもらえないというのが一番困ります。

なのでスマホやモバイルルーターの料金延滞という「前科」のある人は、また料金が
払えなくなるんじゃないかということで申し込み時の審査で落とされてしまうわけです。

「料金を延滞したことがあると言っても、WiMAXの料金を延滞したことが無ければ、
WiMAXの審査には影響しないでしょ」と楽観的に考えている人も居るかもしれません。

しかし残念ながら解約後の料金不払者の情報は、大手携帯キャリアを中心とした
移動系通信サービス事業者の間でお互いに交換されています。

またスマホやモバイルルーターを契約すると、その料金支払状況が「CIC」という
個人信用情報機関に登録され、料金を延滞すると当然その履歴も残ります。

WiMAXプロバイダでも、申し込み時の審査では移動系通信サービス事業者間で
交換されている情報やCICに登録されている情報を参考にします。

なので例えWiMAXで料金延滞が無くても、ドコモやソフトバンクなど他の移動系
通信サービスで料金延滞していると、WiMAXの審査にも影響を及ぼすんですね。

通信サービス以外の料金延滞でWiMAXの審査に落ちる!?

WiMAXでは、プロバイダによって
 ・クレジットカード
 ・口座振替
と料金の支払方法を選べるようになっていることがあります。

クレジットカードでの申し込みだと、
料金の支払いに使うクレジットカードが利用停止になっていないか、あるいは
利用停止まで行かなくても頻繁に料金を延滞していないかなどが調べられます。

口座振替の場合でも、振替に使う口座が犯罪に使われたことが無いかや、頻繁に
残高不足による引き落とし不可に陥っていないかを事業者やプロバイダは見ています。

ですから移動系通信サービスとは関係の無い料金延滞が、
WiMAXの審査に影響をおぼすことが無いとも言えません。

奨学金の返還滞納でWiMAXの審査に落ちることも

家庭の経済状況によっては、
大学や専門学校の入学金・授業料として奨学金を利用している場合も多いと思います。

返還義務のない「給付型奨学金」もありますが、
現状一般的に利用されているのは返還義務のある「貸付型奨学金」です。

貸付型の奨学金には金利も付きますし、就職して数年の給料が安い時期は、
毎月決まった金額を返還していくのがキツかったりするんですよね。

だからと言って貸付型奨学金の返還を滞納すると、その情報が「JBA」という
個人信用情報機関に登録され、WiMAXの審査に影響する恐れがあります。

ただし、奨学金の返還が一度滞ったら即アウトというわけではありません。

JBAに滞納の情報が登録されるのは、
奨学金の返還開始6か月後以降3か月以上滞納した場合です。

奨学金の返還には、返還期間が長くなる代わりに月々の返還額が減額される
「減額返還制度」というものもあります。

奨学金の滞納で、仕事に必要なWiMAXが契約できないというのも困りますから、
こうした減額制度も利用して滞納しないようにしましょう。

「申し込みブラック」って何?

スマホやモバイルルーター、クレジットカードの料金延滞は無い、
口座も残高不足になったことは無い、奨学金も滞納していないけど、
「申し込みブラック」になっているとWiMAXの審査に落ちてしまいます。

今はもう無理ですが数年前であれば、大手携帯キャリアで新規契約すると
最新スマホでもタダで手に入れることができました。

この大手携帯キャリアの新規契約特典を逆手に取って、短期間で契約・解約を
繰り返して何台もの最新スマホをタダで手に入れるということも可能でした。

そしてそのタダで手に入れた最新スマホを、
ネットやリサイクルショップで転売して儲けるといった手法まで横行していたんです。

スマホやモバイルルーターの事業者やプロバイダは、少なくとも2~3年程度の
長期間継続してサービスをユーザーに利用してもらわないことには商売になりません。

なのでスマホの転売目的かどうかは別として、短期間に早期解約を何度も行っていると、
長期間継続してサービスを利用する気が無い「申し込みブラック」と見なされて、
申し込み時の審査で落とされてしまう恐れがあるんですね。

料金延滞や申し込みブラックの履歴はずっと残る?

申し込みブラックはともかく、スマホなどの料金を払いたいんだけど払うことができず、
結果的に延滞してしまったということもあります。

例えば予期せぬ失業で収入が無くなり、貯金も無かったので、
スマホの料金が払えないまま解約せざるをえなかった、なんてことも考えられます。

この料金延滞が1年以内のことなら仕方ないとしても、
現在は再就職もして安定した収入もあるのに、5年も10年も前のスマホの料金延滞が
原因でWiMAXの審査に落ちたとなるとちょっと納得いきませんよね。

では、スマホなどの料金延滞や申し込みブラックの履歴は、
永遠に消えることなく残ってしまうものなんでしょうか?

さすがに永遠に消えないということは無く、
一定期間が経過すれば料金延滞や申し込みブラックの履歴は抹消されます。

移動系通信サービスの事業者間で交換されている不払者の情報は、
不払分を清算するか5年経過すると抹消となります。

CICなどの個人信用情報機関に登録された料金延滞などの情報は、
「取引終了後5年間」残ります。

スマホやモバイルルーターの場合だと、
解約後5年間は料金延滞の情報が残るわけですから、
料金延滞が始まった時期によっては5年以上履歴が残ってしまいます。

申し込みブラックの履歴は、CICなどの個人信用情報機関に登録されることはなく、
各移動系通信サービス事業者で残されるだけです。

ただ料金延滞のように何年も履歴が残るわけでもなく、
申し込みブラックの履歴は3~6か月程度で抹消されます。

クレジットカードでWiMAXを申し込むと審査が無いというのは嘘?

WiMAXの申し込み時の審査についてネットで調べていると、
「WiMAXをクレジットカードで申し込むと審査なしで契約できる」
といった情報を見掛けることがあります。

クレジットカードは、
 ・勤務先
 ・収入
といった通常より踏み込んだ個人情報まで聞かれる、スマホやモバイルルーターの
申し込み時よりも厳しい審査をパスしないことには作れないですよね。

なのでクレジットカードを持っているということは、
より厳しい審査をパスしているということなので、スマホやモバイルルーターの
事業者やプロバイダが改めて審査する必要が無いという理屈です。

いかにも説得力のありそうな理屈ではありますが、実際にはクレジットカードだと
WiMAXが審査なしで契約できるというのは正しい情報ではありません。

先にも書いたように、
WiMAXプロバイダの何軒かに申し込み時の審査について直接問い合わせたところ、
全てのプロバイダで「支払方法に関係無く審査は行う」という答えが返ってきました。

「審査がある」と言うことで申し込みのハードルが上がりますから、
本当は審査しないのに審査すると嘘をつく理由がプロバイダにありません。

なのでWiMAXプロバイダでは、
支払方法に関係無く申し込み時には審査が行われるというのは本当だと思われます。

まあクレジットカードを持っていると言っても、そのクレジットカードの料金支払が
滞っていて利用が止められていることも考えられますよね。

利用停止まではいかないものの、
頻繁にクレジットカードで料金延滞をしている恐れだってあります。

クレジットカードでの申し込みだからと言って審査なしで契約していると、
こういった将来の料金延滞者を招き入れてしまうことになるわけですから、
クレジットカードでの申し込みでも審査があるのは当然なんですね。

WiMAX以外だと審査に落ちることが無いモバイルルーターサービスがある!?

WiMAXには約20社のプロバイダがあり、中には「UQWiMAX」のように
審査が厳しいと言われるところもあれば、「BIGLOBEWiMAX」や
「BroadWiMAX」のように比較的審査が甘いと言われるプロバイダもあります。

とは言え、厳しい甘いは別として、WiMAXの申し込み時に審査が行われる
ということには変わりなく、審査に落ちることも当然ありえます。

しかしWiMAX以外のモバイルルーターサービスの中には、
ほぼ申し込み時に審査に落ちる心配が無いところもあるんです。

あくまで私が問い合わせた中でではありますが、「ネクストモバイル」というサービスだと
申し込み時に審査に落ちる心配はほとんどありません。

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を使うサービスで、
通信速度は敵いませんが、対応エリアの広さはWiMAX以上となっています。

また通信量無制限のプランが無いというのも痛いところですが、その代わり
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と大容量プランが格安料金で利用できます。

そんなネクストモバイルに申し込み時の審査について問い合わせたところ、
支払方法に関係無く審査があるということに加えて、その審査内容も教えてくれました。

ネクストモバイルの申し込み時に行われる審査では、
「自社サービスで料金未払いがあるかどうか」が問われるぐらいなんだそうです。

要するにネクストモバイルの審査に落ちる心配があるのは、過去にネクストモバイルを
利用したことがあり、その時に料金延滞があったという場合だけということです。

過去のネクストモバイルを利用していても料金延滞が無ければ問題ありませんし、
初めてネクストモバイルを使うのであればほぼ審査なしと言っても良いぐらいです。

通信量無制限じゃないだけに、WiMAXに比べて多少使い勝手の悪さはあります。

しかし申し込み時に審査に落ちてWiMAXのモバイルルーターが使えないという
場合には、ネクストモバイルに申し込んでみてはどうでしょうか。

-WIMAXの審査

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.