broad wimax

ブロードワイマックスは申し込み時に審査がある?

投稿日:

「どうせWiMAXを使うなら料金の安さ重視ってことで、
『ブロードワイマックス』に申し込もうと思ってる」

「ただクレジットカードで料金滞納したことがあるから、
クレジットカードだと申し込めないかもしれないんだよね・・・」

「でも口座振替だとクレジットカードより審査が厳しいって話だし、
ダメ元でクレジットカードで申し込むしかないのかぁ」

私は、クレジットカードの料金滞納はしたことありませんが、
スマホの料金を延滞したことはあります。

その延滞分はもちろん後でちゃんと清算しましたが、このスマホの料金延滞が原因で
ソフトバンクのポケットWiFiの審査に落ちたことがあります。

はっきりと審査に落ちた原因を教えてもらったわけじゃありませんが、他に心当たりが
無いので、恐らくスマホの料金延滞が審査に落ちた原因だと思われます。

一度申し込み時の審査に落ちると「次も落ちるんじゃないか」と不安で、できるだけ
申し込み時の審査が緩いところ、できれば審査なしで契約できるところを探すものです。

私は実際に審査なしで契約できるモバイルルーターは無いかを探す中で、
ブロードワイマックスについても色々と調べ、直接問い合わせてもみました。

そこで
 ・ブロードワイマックスでは申し込み時の審査があるのか?
 ・審査が行われているとしたら、どんな内容なのか?
などを詳しくみていきましょう。

ブロードワイマックスには申し込み時の審査がある

スマホやモバイルルーターをクレジットカードで申し込んだ場合は審査なしで契約できる、
とまことしやかに言われています。

クレジットカードを作る際には、
クレジットカード会社の審査をパスしなければならないですよね。

クレジットカードを持っている時点で
より厳しいクレジットカード会社の審査をパスしているので、
スマホやモバイルルーターの事業者が改めて審査する必要がないという理屈です。

対して金融機関の口座は特に審査も無く誰でも簡単に作れるので、口座振替で
スマホやモバイルルーターを申し込む場合は事業者の審査が必要というわけです。

ところがブロードワイマックスに問い合わせたところによると、クレジットカードでも
口座振替でも支払方法に関係無く申し込み時の審査は行われるということでした。

支払方法に関係無く申し込み時に審査が行われるのは当然と言えば当然で、
クレジットカードを持っていると言っても、
そのクレジットカードがブラック認定されているということも考えられます。

クレジットカードがブラック認定されていなくても、
私のようにスマホ料金延滞という「前科」があるかもしれません。

なのでブロードワイマックスに限らず、ほとんどのスマホやモバイルルーターの事業者・
プロバイダでは、クレジットカードでも口座振替で申し込み時には審査を行うわけです。

ブロードワイマックスの審査内容は?

ブロードワイマックスでは支払方法に関係無く申し込み時の審査があるのは良いとして、
その審査内容が気になりますよね。

他社のスマホやモバイルルーターでの料金延滞の有無が審査内容に含まれていると、
私のような料金延滞の「前科者」は申し込みにくくなってしまいます。

ただこれはブロードワイマックスに限ったことではありませんが、申し込み時に審査が
あるということは教えてくれたものの、その審査内容までは教えてもらえませんでした。

審査内容が分からないので、過去にスマホなどで料金延滞がある場合はダメ元で
ブロードワイマックスに申し込みましょう!・・・というのはさすがに無責任です。

問い合わせでは教えてもらえませんでしたが、1つだけ確実に分かっていることは、
ブロードワイマックスでは19歳未満の申し込みを受け付けていないということです。

なので高校生はもちろん、
大学生や社会人でも18歳だとブロードワイマックスに申し込むことができません。

また19歳は本人名義でブロードワイマックスを契約することができますが、
クレジットカード・口座振替に関わらず、親権者の同意が必要です。

高校を卒業して初めて自分名義でモバイルルーターを申し込むという場合には、
ブロードワイマックスのように、契約できないあるいは契約に
親の同意が必要なことがあるというのは覚えておいた方が良いですよ。

一般的にはどんな理由でモバイルルーターの申し込み時の審査に落ちる?

問い合わせても教えてくれないので、ブロードワイマックスという個別事案については、
どういったことが原因で申し込み時の審査に落ちるかは分かりません。

しかし「スマホやモバイルルーターの審査に落ちる一般的な原因」に当てはまっている
場合は、ブロードワイマックスでも申し込み時の審査に落ちる可能性が高いと思います。

まずもっともポピュラーなのが、私にも当てはまる、
過去にスマホやモバイルルーターで料金延滞をしたことがあるということです。

またスマホやモバイルルーターの料金延滞は無いけど、クレジットカードの料金を
延滞したことがある場合でも、モバイルルーターの審査に落ちる恐れがあります。

こうしたスマホなどの通信サービスやクレジットカードの料金を延滞すると、
個人信用情報機関に登録されてしまいます。

さらにスマホやモバイルルーターといった移動系通信サービス事業者の間では、
解約後の料金不払者の情報が交換されています。

なのでドコモやauのスマホで料金延滞したことが原因で、
ブロードワイマックスの審査に落ちるなんてことも十分考えられるわけです。

移動系通信サービス事業者間で交換している料金不払者の情報は、
不払分を清算すれば抹消されます。

しかし清算しなければ5年間は情報が残りますし、
個人信用情報機関に登録された料金不払いや延滞の情報も少なくとも5年は残るので、
最低5年はスマホやモバイルルーターの審査に通りにくくなってしまいます。

「延滞」で言うと、
奨学金の返還延滞もモバイルルーターの審査に影響を与えることがあります。

奨学金の返還開始6か月後以降3か月以上延滞すると、個人信用情報機関に
その延滞情報が登録され、やはりモバイルルーターの審査に通りにくくなるんです。

それから、スマホもモバイルルーターもクレジットカードも奨学金の返還も
一切延滞していないにも関わらず、モバイルルーターの審査に落ちることもあります。

今はすっかり無くなりましたが、以前は大手携帯キャリアでスマホを新規契約すると、
最新機種でも0円で手に入れることができましたよね。

これを悪用して、短期間での契約・解約を繰り返して何台ものスマホ最新機種を
タダで手に入れ、それを転売してお金を稼ぐなんて不届き者も居たんです。

スマホやモバイルルーターの事業者やプロバイダは、
ユーザーにある程度長期的に利用してもらわないと利益が上がりません。

なので転売目的かどうかはともかく、頻繁に早期解約をしている場合には
「申し込みブラック」ということで、モバイルルーターなどの審査に落ちることがあります。

料金延滞とは違って、申し込みブラックは個人信用情報機関に登録されるわけではなく、
各事業者にその情報が残るだけです。

しかも3~6か月ぐらいで申し込みブラックの情報は消えますから、
料金延滞に比べると「罪」は軽いんですね。

ブロードワイマックスを口座振替で申し込むのは損?

WiMAXには約20社のプロバイダがありますが、その内口座振替に対応しているのは
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・ブロードワイマックス
の3社のみです。

そのため、クレジットカードを持っていない、あるいは何らかの理由でクレジットカードを
使えない使いたくないのでブロードワイマックスに申し込むということもあると思います。

しかしブロードワイマックスの料金支払方法を口座振替にして申し込むのは、
正直なところ、あまり得とは言えません。

WiMAXは無制限プランが通常月額4,380円ですが、ブロードワイマックスでは
 ・1~2か月目・・・2,726円
 ・3~24か月目・・・3,411円
 ・25か月目以降・・・4,011円
と最初の2年間は通常より900円以上、3年目以降も300円以上安くなっています。
(利用開始月を0か月目とし、利用開始月は2,726円の日割り計算)

ただ料金が安い代わりに、
契約時に端末代や事務手数料とは別に18,857円の高額な初期費用が必要なんです。

ブロードワイマックスのサイトからクレジットカードで申し込み、2つの有料オプションに
加入すると、キャンペーンが適用され初期費用は無料になります。
(有料オプションは利用開始後すぐに解約可能)

しかし口座振替だと、ブロードワイマックスサイトで申し込もうと有料オプションに
加入しようと、キャンペーン対象外なので初期費用が無料になりません。

ブロードワイマックスによると口座振替でも初期費用を無料にする方法はあるとのこと
なんですが、その場合は無制限プランの料金が3年間月額4,042円となるんだとか。

単純に18,857円が3年分割になるので初期費用を払わなくて良いというだけで、
口座振替では初期費用が無料になることはないんですね。

口座振替だと即日開通も無理?

ブロードワイマックスのようにモバイルルーターをネットサイトで申し込む場合、
端末は配送されることになるので即日開通はほぼ無理です。

しかしブロードワイマックスでは、
 ・渋谷
 ・秋葉原
 ・大宮
 ・梅田
の4か所に「WiMAX受取センター」という店舗を設けており、ネットで申し込んだ
その日に受取センターで端末を受け取り開通させることができるようになっています。

受取センターを利用したブロードワイマックスの即日開通は、
ネットからの申し込みではクレジットカードが必須です。

しかし電話で申し込むことで、
口座振替でも受取センターでの即日開通が可能となります。

ただ電話での申し込みで即日開通が可能なのは渋谷と秋葉原だけで、
大宮と梅田では電話申し込みでも口座振替での即日開通はできません。

さらに口座振替だと、
受取センターで振替に使う口座の登録手続きなどを行うことになります。

この口座振替の手続きがスムーズにいかないと、
受取センターでも即日開通ができなくなる恐れもあるんですね。

またブロードワイマックスでは、東京23区内だけですが、
バイク便サービスで申し込み当日に端末を配送してもらうこともできます。

昼12時までに電話で申し込むと、
14時以降の都合の良い時間帯に指定した住所までバイク便で端末を届けてくれます。

これなら店舗に足を運ぶ時間が無い場合でもWiMAXの即日開通が可能ですが、
バイク便サービスにはクレジットカード必須で、口座振替だと利用できません。

ちなみにバイク便サービスは電話で申し込むことになるので、クレジットカード払いでも
初期費用が無料になるキャンペーンの対象外となってしまいます。

また発送元の秋葉原からの距離に応じて1,200~5,000円の送料も掛かりますから、
受取センターを利用した即日開通より20,000円以上余分に費用が掛かりますよ。
(通常の配送では送料無料)

口座振替は端末の即日発送も難しい?

ブロードワイマックスでは、受取センターなどで即日開通しない場合、
13時までの申し込みであれば基本的に端末は即日発送となります。

クレジットカードで申し込む場合は本人確認書類は不要ですが、
口座振替だと運転免許証など本人確認書類の提出が必要です。

そのため口座振替では本人確認書類の確認後の端末発送となり、
場合によっては端末の即日発送はできなくなることもあります。

本人確認書類は、
運転免許証などを撮影もしくはスキャンしたものをメールまたはFAXで送ります。

撮影やスキャンが上手くできておらず本人確認書類の文字が不鮮明な場合などは、
当然再提出となるので即日発送は難しくなります。

またこれはクレジットカードで申し込む場合でもそうですが、申し込みのタイミングが
13時ギリギリだと手続きに時間が掛かって、即日発送できなくなることも考えられます。

ブロードワイマックスは口座振替で申し込むことはできるとは言うものの、
開通に掛かる費用や開通に掛かる時間を考えると、
口座振替で申し込むのはあまりお得とは言えないんですね。

-broad wimax

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.