yahoo!wi-fi

Yahoo!モバイル(旧Yahoo!Wi-Fi)は申し込み時の審査無し!?

投稿日:

「もう清算したけど、前にソフトバンクで料金を滞納したことがあるんで、
ワイモバイルのポケットWiFiの契約は難しいかも」

「でも似た名前の『Yahoo!Wi-Fi』というのもあって、どうやらこっちは申し込み時の
審査が緩いらしいから、Yahoo!Wi-FiのポケットWiFiなら契約できるかも」

現状清算が済んでキレイになっているとは言え、過去に料金滞納があると、
新しい通信サービスに申し込む時の審査に落ちるんじゃないかと不安なんですよね。

なので少しでも審査が緩い、できれば審査なしで契約できるようなポケットWiFiが
無いか、探したくなる気持ちは分かります。

でも同じソフトバンクグループの会社で、ワイモバイルの審査には落ちるけど、
Yahoo!Wi-Fiの審査はパスするなんてことがあるんでしょうか?

ちなみに、Yahoo!Wi-Fiは2019年1月末を持って新規申込の受付を終了、
現在は「Yahoo!モバイル」としてサービスを継続しています。

Yahoo!Wi-Fiの時はポケットWiFiのみでしたが、
Yahoo!モバイルではスマホも利用することができます。

ワイモバイルとYahoo!モバイルって何が違うの?

ワイモバイルとYahoo!モバイル、どちらもソフトバンクのグループ企業が行っている
サービスで、サービス内容もほとんど同じなのでややこしいんですよね。

ワイモバイルは、元々「イーモバイル」と「ウィルコム」という2社が合併し
ソフトバンクが買い取った「ワイモバイル」という会社が提供しているサービスです。

一方Yahoo!モバイルは、アメリカのYahoo!とソフトバンクが合弁会社として作った
「Yahoo!Japan」が提供する通信サービスなんですね。

なのでいずれもソフトバンクの子会社には違いありませんが、
一応別々の会社が提供している別の通信サービスということになります。

ワイモバイルとYahoo!モバイルのサービス内容はほぼ同じ

ワイモバイルとYahoo!モバイルは提供している会社が違うというだけで、
サービス内容はほとんど同じです。

例えばポケットWiFiの料金プランは、いずれも
 ・Pocket WiFiプラン2(7GB)・・・3,696円
 ・Pocket WiFiプラン2ライト(5GB)・・・2,480円
の2種類となっています。

さらに月額684円の「アドバンスオプション」をプラスすることで、
月間通信量が無制限になるというも同じなんです。

利用する回線についても、月間通信量に制限のあるプランではソフトバンクのLTE回線、アドバンスオプションで通信量無制限になるとAXGPという回線を主に使うというのも
共通しています。

違う点と言えば、ワイモバイルでは「プラン2」で3機種、
「プラン2ライト」で2機種から端末を選べるのに対して、Yahoo!モバイルでは
それぞれ1機種のみで端末が選べないというところぐらいでしょうか。

ワイモバイルは口座振替可能だけど、Yahoo!モバイルはクレジットカード必須

ワイモバイルとYahoo!モバイルでは、料金の支払方法にも違いがあります。

ワイモバイルはクレジットカードに加えて口座振替も可能なので、
クレジットカードを持っていないあるいは何らかの理由でクレジットカードが
使えない人でも申し込むことができます。

ただしワイモバイルの公式オンラインショップではクレジットカードのみの受付で、
ワイモバイルショップでないと口座振替でワイモバイルを申し込めません。

一方Yahoo!モバイルでは、Yahoo!Wi-Fiの時には「Yahoo!ウォレット」を使って
口座振替で料金を支払うことができました。

しかしYahoo!モバイルとなってからは、
料金支払方法がクレジットカードに限定されています。

以前にクレジットカードでポケットWiFiに申し込んで審査に落ちたので、
今度は口座振替で申し込みたい、と考えている場合は
Yahoo!モバイルは候補から外さざるをえないですね。

ちなみに、Yahoo!モバイルの申し込みを受け付けているのは、
ワイモバイルの公式オンラインショップです。

サービス内容もほぼ同じという点を考えると、将来的にはYahoo!モバイルは
ワイモバイルに統合されることもあるのかもしれません。

Yahoo!モバイルの申し込み時の審査が緩いのは本当?

ネットで口コミなどを調べると、Yahoo!Wi-Fiの頃は申し込み時の「審査が甘い」
「ほぼ審査なし」といったことも言われていたようです。

中には
 ・ソフトバンク
 ・ドコモ
 ・WiMAX
 ・Yahoo!プレミアム
の全てで料金滞納の過去があり(清算済)、Yahoo!プレミアムに至っては会費未納で
アカウントが凍結されているにも関わらず、Yahoo!Wi-Fiができたなんて話もあります。

Yahoo!プレミアムのアカウント凍結で契約できるのが本当なら審査が緩いどころじゃ
ないですが、後継サービスであるYahoo!モバイルもやっぱり審査は緩いのでしょうか?

Yahoo!モバイルの公式サイトを見ると、スマホやポケットWiFiの新規申込時はもちろん、
スマホの機種変更時にも審査が行われることが明記されています。

審査内容についても少し触れられており、「複数回線をお持ちの場合や機種変更時」に
端末代を分割払いにすると審査に通らないことがある、となっています。

また「重要説明事項」の中にも、
契約解除後の料金未払いの情報を他の携帯電話サービス事業者と交換しており、
その情報を申し込み時の審査に活用している、といったことも記載されています。

なのでYahoo!モバイルでは、申し込み時に審査が行われており、
その内容も他の通信サービスに比べて特段緩いといったことは無いと推測できますね。

ちなみに、他の事業者と解約後の料金未払いの情報が交換されていますが、
清算すれば未払いの情報は抹消されます。

なので先に書いたように、ドコモやソフトバンクで過去に料金滞納があっても
清算が済んでいるんですから、旧Yahoo!Wi-Fiが契約できたのは、
旧Yahoo!Wi-Fiの審査が緩かったからということでもないんですね。

料金未払い以外でYahoo!モバイルの審査に落ちる要因は?

他の通信サービスを含めて、スマホやポケットWiFiの料金未払いがあると、
Yahoo!モバイルの申し込み時の審査に落ちてしまうことは分かりますよね。

では、スマホやポケットWiFiの料金未払い以外でYahoo!モバイルの審査に落ちる
要因はあるのでしょうか?

Yahoo!モバイルの詳しい審査内容が分からないので一概には言えませんが、
一般的にはクレジットカードがブラック認定されている場合はアウトです。

支払いが滞ってクレジットカードが利用停止になっている場合はもちろん、
利用停止までは行かないけど年に数回滞納している場合は、
継続して料金を払う金銭的余裕が無いと判断されて審査に落ちる恐れがあります。

それから見落としがちなところでは、
「奨学金」を滞納している場合でもYahoo!モバイルの審査に落ちてしまいます。

大学や専門学校の入学金や授業料として奨学金を利用している人も多いと思いますが、
その返還が滞ると個人信用情報機関に滞納していることが登録されてしまうんです。

ただ1回でも支払いが滞ったらアウトってわけではなく、返還開始6か月後以降
3か月以上滞納すると個人信用情報機関に登録されるようになっています。

さらに、過去にスマホやポケットWiFiの料金不払いが一切無い、
クレジットカードもブラック認定されていない、もちろん奨学金の滞納だって無い、
という場合でもYahoo!モバイルの審査に落ちることが無いとは言えません。

今では大手携帯キャリアでも、
スマホの新規契約や機種変更では端末代が掛かるのが当たり前です。

しかし数年前までは、新規契約だと最新スマホを無料で手に入れることもできました。

これ利用して短期間に契約・解約を繰り返し、何台もの最新スマホをタダで手に入れ、
それを転売して利益を得るといった不届き者も居たんです。

そのため現在では、短期間に不自然な契約・解約を何度か繰り返した過去があると、
通信サービスの申し込み時の審査で落とされる可能性が高くなっています。

スマホの転売目的かはともかく、短期間に契約・解約を繰り返すということは継続して
サービスを利用する気が無いと判断され、いわゆる「申し込みブラック」に認定されます。

スマホやポケットWiFiの事業者は、
ある程度長期間継続してサービスを利用してもらうことで利益を上げています。

ですから継続してサービスを利用する気が無いと思われる申込者は、
申し込み時の審査でふるいにかけられてしまうというわけです。

スマホやポケットWiFiの料金滞納は個人信用情報機関に履歴が残り、少なくとも
5年間スマホやモバイルルーターの申し込み時の審査に通りにくくなってしまいます。

申し込みブラックはスマホやモバイルルーターの事業者にその履歴が残るだけで、
3~6か月ほどで短期間での契約・解約の情報は抹消されるようになっているようです。

なので申し込みブラックに認定されている6か月間は審査に通りにくいですが、
最後の申し込みから6か月間以上間隔を開けてポケットWiFiに申し込めば、
審査に通る可能性がありますよ。

申し込み時の審査が緩いポケットWiFiってある?

Yahoo!モバイルは申し込み時に審査がありますし、
その審査内容も他の通信サービスに比べて特に緩いということはなさそうです。

そうなると、Yahoo!モバイルより審査の緩いポケットWiFiがあるなら
そっちに申し込みたいと思いますよね。

審査の緩いポケットWiFiなんてそうそう無いですが、
私が問い合わせた中では「ネクストモバイル」が一番審査が緩いかもしれません。

Yahoo!モバイルも含めた他のポケットWiFiでは、申し込み時に審査があるということは
教えてくれても、その審査内容までは教えてくれないことがほとんどです。

教えてくれたとしても「総合的に判断する」といった曖昧な回答で、過去にスマホや
ポケットWiFiの審査に落ちたことがある人だと、ちょっと申し込みにくいですね。

ネクストモバイルで申し込み時の審査について問い合わせたところ、「自社サービスで
料金未払いがあるかどうかぐらい」という審査内容まで教えてくれました。

他のポケットWiFiでは自社以外の料金未払いでも審査に落ちる恐れがあるので、
ネクストモバイルでの未払いの有無のみは審査が緩いと言えますよね。

初めてネクストモバイルを利用するという場合は、審査が緩いどころか、
ほぼ審査なしで契約できるということになります。

ネクストモバイルはYahoo!モバイルと同じで、ソフトバンクのLTE回線を使います。

しかも料金が
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と、大容量で格安となっています。

ただ、Yahoo!モバイルやワイモバイルのようにアドバンスオプションで
通信量無制限にするということは、ネクストモバイルではできません。

通信量無制限にはこだわらないけど、ソフトバンク回線のポケットWiFiが良いと
いうのであれば、Yahoo!モバイルよりネクストモバイルの方が良いかもしれませんよ。

-yahoo!wi-fi

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.