ネクストモバイル

ネクストモバイルは申し込み時の審査が緩いって本当?

投稿日:

「前に申し込み時に審査に落ちてスマホを契約できなかったことがあるから、
モバイルルーターの申し込みでも審査に落ちるんじゃないかと不安なんだよね」

「ネクストモバイルっていうところだと、
申し込み時の審査なしでモバイルルーターが契約できるって聞いたんだけど、本当?」

クレジットカードの申し込み時には審査があることはよく知られていますが、
モバイルルーターの申し込みでも審査が行われていることはあまり知られていません。

実際家電量販店などの店舗で申し込むと、その場でモバイルルーターが
使えるようになるので、審査されているということに気付きにくいんですね。

しかしモバイルルーターでは継続して料金を払い続けていく必要があるわけですから、
申し込み時には審査が行われ、それをパスしないことには契約できません。

とは言え、冒頭のようにネットでは審査なしで契約できるモバイルモーターが
あるというような情報も流れています。

ではネクストモバイルでは本当に、
審査なしでモバイルルーターを契約することができるのでしょうか?

ネクストモバイルにも申し込み時の審査はある

結論から言うと、当然ですがネクストモバイルにも申し込み時の審査はあります。

実は私ネクストモバイルユーザーなんですが、
以前ソフトバンクのポケットWiFiの審査に落ちたことがあります。

なので少しでも申し込み時の審査が緩い(あわよくば審査なしの)モバイルルーターが
無いものかと、色んな事業者に問い合わせてみたんです。

その中の1つがネクストモバイルで、その際に「クレジットカード・口座振替に関わらず、
申し込み時に審査は行います」という回答を得ました。

ですから、審査内容が緩いかどうかは別にして、ネクストモバイルでも申し込み時の
審査をパスしないことにはモバイルルーターを持つことはできませんよ。

「モバイルルーターをクレジットカードで申し込めば審査なし」は嘘?

ネクストモバイルではクレジットカードで料金を支払うことができますが、
一般的に「クレジットカードで料金を支払う場合は、
モバイルルーターの申し込み時の審査が無い」と言われることがよくあります。

「クレジットカードを持っている=クレジットカード会社の審査をパスしている」
ということになるので、モバイルルーターの事業者が改めて審査する必要が無い。

一方金融機関の口座は、特に審査が無く誰でも作れるので、
口座振替でモバイルルーターを申し込むと審査が必要というわけです。

しかしこの「クレジットカードで申し込めば審査なし」というのは、
嘘とまでは言いませんが、あまり正確な情報とは言えません。

実際先にも書いたように、
ネクストモバイルに申し込み時の審査について問い合わせた際の回答では、
「クレジットカード・口座振替に関わらず、審査を行う」となっています。

ネクストモバイル以外の何軒かの事業者にも同じように問い合わせましたが、
回答はネクストモバイルと同じで「支払方法に関係無く審査はある」というものでした。

よく考えてみると、クレジットカードで支払う場合でも、モバイルルーターの申し込み時に
審査が行われるのは当たり前と言えば当たり前なんです。

クレジットカードがブラック認定されていて、
使えない状況になっているということも十分に考えられますよね。

またクレジットカードは健全でも、申込者が過去に他社のスマホや
モバイルルーターの料金を頻繁に延滞しているかもしれません。

クレジットカードを持っているということで、これらのリスクが全て否定できるわけじゃ
ないので、クレジットカードでの申し込みでも審査が行われるんですね。

ネクストモバイルの審査は他社より緩い?

ネクストモバイルの申し込み時には、
支払方法がクレジットカードであろうと口座振替であろうと、審査が行われます。

ただネクストモバイルは、他社のモバイルルーターに比べて、
申し込み時の審査が緩いと思われるんです。

ネクストモバイルに申し込み時の審査について問い合わせた際、「支払方法に関係無く
審査がある」ということに加えて、その審査内容についても教えてもらえました。

ネクストモバイルが申し込み時の審査で見ているのは、
「自社サービスで料金未払いがあるかどうか」なんだそうです。

要するにネクストモバイルで料金未払いさえなければ、他社で多少料金未払いが
あっても、モバイルルーターが契約できる可能性が高いってことなんですね。

WiMAXやワイモバイルなど他のモバイルルーター事業者にも、
申し込み時の審査の有無だけでなく、審査内容について問い合わせてみました。

しかしネクストモバイル以外の事業者で教えてもらえたのは「審査がある」ということ
だけで、審査内容は「総合的に判断する」という曖昧な答えでした。

「総合的に判断する」と言われると、ネクストモバイルより審査内容が緩い可能性も
ありますが、厳しい恐れももちろんありますよね。

私のように他社で一度審査に落ちている場合、審査内容が分からないと
また落ちるんじゃないかと思って、申し込みにくくなってしまいます。

なのでネクストモバイルの審査が緩いとハッキリ言えるわけではありませんが、
審査内容が分かっているので申し込みやすくはありますよね。

モバイルルーターの審査に落ちる原因って?

今まで気にしていなくても、スマホやモバイルルーターの申し込み時にも
審査があると分かると、次回以降のスマホやモバイルルーターの申し込みでは
審査に落ちることもあるじゃないかと不安になりますよね。

ネクストモバイルのように審査内容が分かっていれば、
申し込み時の審査に落ちたとしても、その原因は簡単に推測できます。

しかし審査内容が「総合的に判断する」という場合には、
どういったことが原因でモバイルルーターの審査に落とされるのか分かりません。

そこで、スマホやモバイルルーターの申し込み時の審査に落とされる
一般的な原因について見てみましょう。

まず第一に考えられるのは、
ネクストモバイルのように「過去に料金未払いがあったかどうか」です。

ネクストモバイルは自社サービスのみでしたが、他の事業者では自社だけでなく
他社のサービスでも料金未払いがあるかどうかを見られることがあります。

大手携帯キャリアを中心としたスマホやモバイルルーターなどの
移動系通信サービス事業者では、料金不払者の情報を互いに交換しています。

なので例えばドコモのスマホで料金不払いがあると、それが原因で
WiMAXのモバイルルーターの審査に落ちることも考えられるんですね。

ただし、移動系通信サービス事業者が互いに交換しているのは
「解約後の料金不払者」の情報です。

何らかの理由で料金不払いのまま解約し、その後も不払分の清算がなされていないと、
その情報が他の移動系通信サービス事業者にも知られるというわけです。

また不払者の情報を交換しているのは一部の移動系通信サービス事業者で、
そのネットワークに入っていない事業者も少なくありません。
(ネクストモバイルは入っていない)

ドコモの料金不払いを理由にWiMAXの審査に落ちたとしても、WiMAX以外の
モバイルルーターに申し込むと問題無く審査をパスするということもあると思います。

料金不払いが無いのにモバイルルーターの審査に落ちる!?

「今までスマホでもモバイルルーターでも一度も延滞することなくちゃーんと料金を
払ってきたし、クレジットカードだってブラック認定されていない」

という人も多いと思いますが、
これでもモバイルルーターの申し込み時の審査に落ちることがあるんです。

スマホなどの料金延滞やクレジットカードのブラック認定といったお金関係ではなく、
申込者の過去の行動が原因でモバイルルーターの審査に落ちることがあります。

今ではすっかり無くなりましたが、何年か前までは大手携帯キャリアでもスマホの
新規契約で、キャッシュバックが貰えたり、最新機種が一括0円で手に入ったりしました。

モバイルルーターは現在でも端末が無料で手に入ることは珍しくないですし、
WiMAXなど高額キャッシュバックが貰えるところも少なくありません。

キャッシュバックが高額ということもあり、違約金やキャッシュバックを貰うまでの料金を
差し引いても、結構な金額が手元に残りました。

これを利用して、キャッシュバックを貰ったらすぐに解約、ま
た別のキャッシュバックが貰える事業者に申し込むということを繰り返して、
「利ざや」で儲けることが一部で横行していました。

またタダで手に入った端末をネットオークションやリサイクルショップで転売することでも、
「利ざや」を稼ぐことができたんですね。

もし過去に短期間の契約・解約を不自然に繰り返していると、キャッシュバックや端末の
転売目的で事業者を渡り歩いていたんじゃないかと疑われてしまうわけです。

スマホやモバイルルーターの事業者は、
ユーザーに長期間に渡って継続して利用してもらうことで利益を生み出しています。

なのでキャッシュバックや端末の転売目的でないとしても、短期間に契約・解約を
繰り返している場合は、モバイルルーターの審査に落ちる恐れが高くなります。

これがいわゆる「申し込みブラック」と言われる状態です。

短期間にスマホやモバイルルーターの契約・解約を繰り返した情報は、
それぞれのスマホやモバイルルーターの事業者に3~6か月間残ることになります。

なので最後の申し込みから半年以上開けて申し込めば、申し込みブラックが原因で
スマホやモバイルルーターの審査に落ちる危険性はかなり低くなると思います。

スマホやモバイルルーター、クレジットカードの料金滞納は個人信用情報機関に
その情報が残る上に、料金滞納の履歴が消えるまで少なくとも5年掛かりますから、
料金滞納に比べると申し込みブラックの方が傷が浅いでしょうか。

ネクストモバイルってどんなサービス?

「ネクストモバイルは申し込み時の審査が無いって聞いたから申し込もうと思っただけで、
ネクストモバイルがどんなサービスか詳しく知らない」なんてこともあるかもしれません。

そこでネクストモバイルがどんなサービスなのか、簡単に説明しておきます。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線を使ったモバイルルーターサービスで、
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と大容量プランを安い料金で利用することができます。

「安い料金でソフトバンクのLTE回線を使う」と言うと、
「ネクストモバイル=ソフトバンクの格安SIM」だと思ってしまうかもしれません。

そういう認識でも問題無いと思いますが、ネクストモバイルに聞いたところでは
「格安SIMではなく、ソフトバンクの代理店」なんだそうです。

格安SIMは「ソフトバンクから借りたLTE回線」でサービスを提供しますが、
代理店だと「ソフトバンクのLTE回線」を使うことができます。

そのため格安SIMのように極端に通信速度が遅くなったり繋がりにくくなることがなく、
ネクストモバイルでは格安SIMより高品質の通信サービスが利用できるんですね。

口座振替可能なのは30GBプランのみ、料金プランの途中変更もできない

モバイルルーターの事業者では、
料金の支払方法をクレジットカードに限定していることも少なくありません。

クレジットカード払いの場合、まずクレジットカード会社がユーザーに代わりに、
モバイルルーターの料金を事業者へ払います。

その後クレジットカード会社は、
代わり支払ったモバイルルーターの料金をユーザーに対して請求することになります。

この流れだと、モバイルルーターの事業者はクレジットカード会社から料金を貰うので、
言葉は悪いですが「とりっぱぐれ」がありません。

またユーザーへの請求もクレジットカード会社が行いますから、
料金延滞があった場合の督促などの手続きの手間も掛からないんですね。

なので支払方法をクレジットカードに限定しているモバイルルーター事業者が
多いわけですが、そんな中ネクストモバイルでは口座振替も可能となっています。

ただしネクストモバイルの全ての料金プランが口座振替可能というわけではなく、
口座振替で料金を支払えるのは30GBプランのみです。

20GBプランや50GBプランを利用する場合は、
料金の支払方法がクレジットカードに限定されます。

またネクストモバイルは基本的に2年契約なんですが、
その契約期間中は料金プランの変更ができません。

同じモバイルルーターサービスでも
WiMAXだと1か月単位で料金プランの変更ができますが、
ネクストモバイルで料金プランを変更するには一旦解約する必要があります。

-ネクストモバイル

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.