ワイモバイル

ワイモバイルはポケットWiFi申し込み時の審査で何を見る?

投稿日:

「ワイモバイルのポケットWiFiにも、申し込む時の審査って多分あるよね」

「前に別のポケットWiFiで申し込み時の審査に落ちたことがあるから、
ワイモバイルのポケットWiFiでも審査に落ちないか不安だなぁ・・・」

スマホやポケットWiFiのように、月額料金を払って継続的に利用するサービスを
申し込む際には、必ずと言って良いほど「審査」が行われます。

ただクレジットカードの審査のように、職業や収入を聞かれることはありませんし、
職場に電話が掛かってくるなんてことも無いので、
スマホやポケットWiFiでは「審査されている」という実感があまり無いんですね。

実際キャリアショップや家電量販店などの店舗でスマホやポケットWiFiを申し込むと、
即日開通できたりするので、余計に審査されていると感じません。

しかしどこで申し込もうと、審査が行われるのも、その審査をパスしないことには
スマホやポケットWiFiを契約することができないのも事実なんです。

スマホやポケットWiFiを申し込んで審査に落ちるとショックも大きいので、スマホや
ポケットWiFiの申し込み時にはどんな審査が行われているか知りたいですよね。

では実際ワイモバイルのポケットWiFiでは、
申し込み時にどんなことを審査しているのでしょうか?

ワイモバイルのポケットWiFiはクレジットカードで申し込むと審査なし?

かく言う私も以前ソフトバンクのポケットWiFiの審査に落ちたことがあり、
他社のポケットWiFiに申し込む前に色々と申し込み時の審査について調べてみました。

ワイモバイルでは
 ・クレジットカード
 ・口座振替
と料金支払方法を選ぶことができます。

ワイモバイルに限らずポケットWiFiをクレジットカードで申し込むと、
審査なしで契約できると言われることがあります。

クレジットカードを持っている時点で、
より厳しいクレジットカード会社の審査をパスしているので、
ポケットWiFiの事業者が改めて審査する必要が無いということになります。

一方、金融機関の口座は基本的に誰でも簡単に作ることができるため、
口座振替でポケットWiFiを申し込むと審査が行われるというわけです。

しかし実際にワイモバイルに申し込み時の審査について問い合わせてみると、
「支払方法に関わらずポケットWiFiの申し込み時には審査を行う」という回答でした。

考えてみると当たり前の話で、クレジットカードを持っていると言っても、
そのクレジットカードがブラック認定を受けていて使えない状態になっているかも
しれないですよね。

なのでクレジットカードでの申し込みだからと言って、
審査なしで簡単にポケットWiFiが契約できるなんてことはないんですね。

もちろん口座振替に比べると多少手続きが簡単ということはあるかもしれませんが、
クレジットカードでの申し込みだからと言って審査なしになることはありませんよ。

ワイモバイルのポケットWiFiでは何が審査される?

ワイモバイルのポケットWiFiを申し込む際には必ず審査があるとして、
その審査では一体何が見られているのでしょうか?

審査内容が分かれば、審査に落ちないように対処できますし、自分にとって
厳しい内容の場合はワイモバイル以外のポケットWiFiを検討することもできます。

ワイモバイルにポケットWiFiの審査について問い合わせた際に、
その内容もついでに聞きました。

しかし残念ながら「総合的に判断する」という曖昧な回答で、
具体的な審査内容については教えてもらえませんでした。

なのでワイモバイルのポケットWiFiの審査に通るか通らないかは、
申し込んでみないと分かりません・・・と言ってしまっては身も蓋も無いですよね。

ワイモバイル個別の審査内容については分かりませんが、一般的にどういったことが
原因でスマホやポケットWiFiの審査に落とされているかが分かると、
自ずとワイモバイルの審査内容についても見えてくると思います。

まずスマホやポケットWiFiの審査に落ちる原因の1つとして挙げられるのが、
「過去にスマホやポケットWiFiで料金滞納がある」ということです。

前に同様のサービスを利用していて料金が払えなくなったことがあるということは、
今度も途中で料金が払えなくなることがあると判断されるわけです。

また大手携帯キャリアを中心としたスマホやポケットWiFiなど
移動系通信サービスの事業者では、料金不払者の情報が共有しています。

なのでワイモバイルの料金滞納だけでなく、ドコモやauなど他のスマホや
ポケットWiFiで料金滞納が原因で、ワイモバイルの審査に落ちることもあるんです。

ただし移動系通信サービス事業者で共有しているのは、
「解約後の料金不払者」の情報です。

要するに、自主的・強制に関わらず料金延滞を清算せずに解約し、
解約後も不払いの状態が続いていると、
その情報が他の移動系通信サービス事業者でも共有されるということです。

もちろん滞納分を清算すれば不払者としての情報は消えますし、
解約後5年以上経過している場合は滞納したままでも不払いの情報は共有されません。

また不払者の情報を共有しているのは一部の移動系通信サービス事業者だけで、
共有していない事業者も少なくありません。

ですから、ワイモバイルの審査に落ちたので
他のポケットWiFiの審査も全てダメというわけではなく、
別のポケットWiFiだとあっさり審査をパスするなんてこともありますよ。

ただしスマホやポケットWiFiの料金延滞の情報は個人信用情報機関に登録され、
少なくとも5年間は消えません。

なので不払者の情報を共有していない移動系通信サービス事業者でも、
個人信用情報機関に残っているスマホなどの料金延滞が原因で
申し込み時の審査に落ちる恐れがあります。

料金不払いは無いのにワイモバイルの審査に落ちることもある!?

過去にスマホもポケットWiFiも使ったことがあるけど、
不払いどころか料金の支払いが遅れたことすら一度も無い、という人も多いと思います。

またクレジットカードは持っているけど普段の買い物ではほとんど使わないし、
こちらも支払いを延滞したことが無い、という場合も多いでしょう。

このようにスマホやポケットWiFiで料金不払いが無く、
クレジットカードもブラック認定されていなければ、
ワイモバイルの審査に落ちる心配なんて全く無いと思いますよね。

ところがスマホなどの料金不払いやクレジットカードのブラック認定が無くても、
ワイモバイルの審査に落ちることがあるんです。

最近はできませんが、数年前までは大手携帯キャリアでも、新規契約の特典として
キャッシュバックが貰えたり、端末代0円で最新スマホが購入できたりしましたよね。

ポケットWiFiは現在でも、新規契約だと端末代0円で最新機種が手に入ることが
ありますし、WiMAXのポケットWiFiなど高額キャッシュバックが貰えることもあります。

これを利用して、キャッシュバックから違約金などを差し引いた「利ざや」で儲けようと、
キャッシュバックを貰ったらすぐに解約するといったことが行われていました。

さらに0円で手に入れた最新機種を、
ネットやリサイクルショップで売って儲けるといったことも横行していたんですね。

過去にスマホやポケットWiFiの早期解約を何度も繰り返していると、
今度もキャッシュバックや端末の転売が目的ではないかと疑われてしまいます。

長期間継続して利用してもらわないことには通信事業者の利益になりませんから、キャッシュバックや転売目的で継続して利用する気が無いと判断されて、
審査に落ちるというわけです。

ただ、スマホやポケットWiFiの料金滞納は個人信用情報機関に少なくとも5年間記録が残りますが、短期間に契約・解約を繰り返した情報は各通信サービス事業者に3~6か月ほど残るだけです。

なので短期間にスマホなどの契約・解約を繰り返したことが原因で
ポケットWiFiの審査に落ちた場合は、半年以上間隔を開けてから申し込むと
審査に通る可能性があります。

ポケットWiFiやクレジットカードの料金延滞は自分で調べられる

数年前のこととは言え、過去にクレジットカードで料金延滞をしたことがあると、
それが原因で審査に落ちるんじゃないかと不安で、
ポケットWiFiの申し込みに二の足を踏んでしまいます。

実は過去のスマホやポケットWiFi、クレジットカードの料金延滞が、
ポケットWiFiの審査に影響があるかどうかを自分で調べることができるんです。

スマホやポケットWiFiを契約したり、クレジットカードを作ると、
その料金支払状況が「個人信用情報機関」というところに登録されます。

この個人信用情報機関に開示請求を行うことで、
登録されている料金支払状況などの信用情報を見せてもらうことができます。

個人が開示請求できるのは自分自身の信用情報のみで、同意書が限りは、
親・兄弟など家族であっても自分以外の信用情報を見せてもらうことはできません。

個人信用情報機関は
 ・CIC
 ・JICC
 ・JBA
と3つあり、それぞれ登録されている情報が違います。

「CIC」にはクレジットカード・信販系の信用情報が登録されており、
スマホやポケットWiFiの支払状況もCICで確認できます。

JICCには消費者金融の借り入れ・返済、JBAには銀行・信用金庫・信用組合などの
金融機関の借り入れ・返済情報が登録されています。

ちなみに同じようにローンを組んでいる場合でも、家のローンならJBAですが、
車のローンをディーラーで組んでいる場合はCICとなります。

また大学や専門学校などの入学金や授業料として「奨学金」を利用していることが
あると思いますが、返還開始6か月以降に3か月以上延滞すると
JBAにその情報が登録されます。

個人信用情報の開示請求方法

開示請求の方法は、個人信用情報機関ごとに多少の違いがあります。

まずCICの場合
 ・インターネット
 ・郵送
 ・窓口
のいずれかで開示請求ができます。

インターネットで請求する場合は、クレジット契約の際に利用した電話番号から
「0570(021)717」に電話を掛け、「受付番号」を取得します。

要するに、クレジットカードなどの契約書の連絡先として、固定電話の番号を使ったなら
固定電話から、携帯番号を使ったならスマホから電話を掛けるということです。

パソコンかスマホでCICのホームページにアクセスし、開示請求のページで取得した
受付番号を入力すると、自分の信用情報が記載されたpdfがダウンロードできます。

インターネットでの請求では電話番号で認証されるので、
本人確認書類は必要ありません。

ただしインターネットでの請求には1,000円の手数料が必要で、
その支払にはクレジットカードが必須です。

郵送の場合は、CICのホームページで開示申込書をダウンロード・プリントアウトし、
必要事項を記入してCICに郵送すると、約10日後に「開示報告書」が送られてきます。

郵送での請求では本人確認が必要で、
 ・運転免許証
 ・マイナンバーカード
 ・パスポート
 ・各種保険証
 ・写真付き住民基本台帳カード
 ・各種年金手帳
 ・各種障がい者手帳
 ・在留カードまたは特別永住者証明書
 ・住民票(発行から3か月以内)
 ・戸籍謄本、戸籍抄本(発行から3か月以内)
 ・印鑑登録証明書(発行から3か月以内)
の中からいずれか2点を申込書に添付しないといけません。
(住民票、戸籍謄本、戸籍抄本、印鑑登録証明書以外はコピーでOK)

また1,000円の手数料も掛かるので、
郵便局などで1,000円分の郵便小為替を購入して、これも申込書とともに送ります。

窓口の場合は、全国7か所にあるいずれかのCICの窓口に足を運び、
必要書類を提出して開示請求するとその場で信用情報が受け取れます。

窓口での請求でも郵送の場合と同じ2点の本人確認書類が必要で、
手数料500円は現金で支払うことになります。

JICCの開示請求方法もほぼ同じですが、インターネットで請求する場合は
「JICC送付アプリ」というスマホアプリのダウンロードが必要です。

またJICCではインターネットで請求する場合も、
本人確認書類をアプリで送る必要があります。

郵送の場合の手数料支払が、CICは郵便小為替のみでしたが、
JICCでは郵便小為替とクレジットカードでの決済も可能です。

窓口での請求は手数料が500円なのはCICと同じですが、
JICCの窓口は東京と大阪の2か所にしかありません。

JBAでの開示請求は、インターネットと窓口では受け付けておらず、
申込書の郵送のみとなっています。

開示請求の申込書とともに、
本人確認書類2点と手数料として1,000円分の郵便小為替も同封しないといけません。

このように自分自身の信用情報は、先の方法で開示請求することで見ることができます。

ポケットWiFiの審査に落ちた、あるいは過去にポケットWiFiの審査に落ちたことが
あるという場合は、次回ポケットWiFiを申し込む前に自分の信用情報を
確認しておくのも良いのではないでしょうか。

-ワイモバイル

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.