モバイルWIFIルーターで口座振替

口座振替できるポケットWiFiは少なくない

投稿日:

「外でもWi-Fiが使えるようにポケットWiFiを持ちたいんだけど、
やっぱポケットWiFiってクレジットカードが無いと契約できないのかなぁ」

「何か分かんないけど、前にクレジットカードでポケットWiFi申し込んだら
審査に落ちたんで、今度は審査に落ちないように口座振替で申し込みたい」

今やスマホやポケットWiFiの申し込みには、
クレジットカードが必須と言っても良いぐらいになっていますね。

スマホなどの月額料金支払でもポイントの付くクレジットカードが増えましたし、
クレジットカードだと即日開通も可能で申し込み手続きが多少簡単だったりしますよね。

とは言え学生でクレジットカードを持っていない、あるいは冒頭のように
以前クレジットカードでポケットWiFiに申し込んだら審査に落ちたなんてこともあります。

そうするとクレジットカードで申し込みたくても申し込めないわけですから、
口座振替で申し込めるポケットWiFiを求めるのは当然の流れです。

では実際にクレジットカードを使わずに、
口座振替で申し込めるポケットWiFiはあるんでしょうか?

口座振替できるポケットWiFi

実は口座振替で申し込めるポケットWiFiはそれほど珍しいわけではなく、
主なものだけでも
 ・WiMAX
 ・ワイモバイル
 ・ドコモ
 ・ネクストモバイル
などが挙げられます。

「WiMAX」と「ワイモバイル」は通信量無制限のポケットWiFiとしては双璧ですし、
「ドコモ」は言わずと知れた大手携帯キャリアの1つです。

「ネクストモバイル」は先の3つに比べると知名度が低いですが、
ソフトバンクのLTE回線が格安で使える優良サービスとなっています。

それでは、
口座振替で申し込めるポケットWiFiについてそれぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

口座振替可能なWiMAXプロバイダは3つだけ

WiMAXと言えば、ワイモバイルとともに、
通信量無制限のポケットWiFiの国内トップランナーとして有名です。

通信量無制限でありながら月額4,380円と、大手携帯キャリアのスマホや光回線などと
比べても安い料金で利用できるのも魅力ですね。

そんなWiMAXは「口座振替できるポケットWiFi」の代表格ですが、
どこでも口座振替で申し込めるわけではありません。

WiMAXには、回線事業者であるUQWiMAXを含めて約20社のプロバイダがあり、
その内口座振替可能なのは
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
の3社のみです。

以前は「@nifty」も口座振替での申し込みが可能だったんですが、
現在@niftyではクレジットカードでの申し込みのみに変わっています。

口座振替での申し込みだと、高額キャッシュバックの「GMOとくとくBB」、
無制限プランの料金が最安クラスの「So-net」などが選べないのは少し痛いですね。

しかし回線事業者である「UQWiMAX」、キャッシュバックか月額料金割引が選べる
「BIGLOBEWiMAX」、こちらも無制限プランが最安クラスの「BroadWiMAX」と、
選択肢は少ないながらもそれなりに充実していますよ。

口座振替でWiMAXを申し込むならBIGLOBEWiMAX

口座振替可能なWiMAXプロバイダ3社はいずれもお得さでは引けをとりませんが、
あえて選ぶとしたらBIGLOBEWiMAXがオススメです。

光回線の代理店やプロバイダでもそうなんですが、
キャッシュバックや月額料金割引といった特典の対象になるのは、
クレジットカードでの申し込みのみという場合が少なくありません。

ところがBIGLOBEWiMAXの場合は、口座振替でも
 ・15,000円のキャッシュバック
 ・最大885円の月額料金割引
のいずれかの特典が選べるようになっています。

キャッシュバックを選んだ場合でも
 ・利用開始月・・・0円
 ・1~2か月目・・・3,495円
 ・3~24か月目・・・4,180円
 ・25か月目以降・・・4,380円
で、最初の2か月は月885円割引、その後2年目満了時点までは
月200円割引と少しだけですが通常より安くWiMAXが利用できます。

月額料金割引の方だと、キャッシュバックは貰えませんが
 ・利用開始月・・・0円
 ・1~2か月目・・・3,495円
 ・3~24か月目・・・3,830円
 ・25か月目以降・・・4,380円
と、最初の2か月はキャッシュバックを貰う場合と同じ月885円割引、
その後2年目満了までは月550円割引となります。

金額的には若干キャッシュバックを貰った方がお得ですが、月額料金割引でも2年間の
割引総額が13,000円以上になるので、どちらを選んでもお得なのは間違いありません。

UQWiMAXでもキャッシュバックは貰えるんですが、最大10,000円と少し金額小さい
上に、キャッシュバックを貰うと最新機種が選べなくなってしまいます。

WiMAXの最新機種は、最大通信速度が1Gbps・1.2Gbpsと光回線並となっています。

ところがUQWiMAXでキャッシュバックを貰う場合に選べる機種は、
最大通信速度が440Mbps・758MbpsとポケットWiFiとしては高性能なんですが、
最新機種に比べると型落ち感が否めません。
(1Gbps≒1000Mbps)

BroadWiMAXは、キャッシュバックこそ貰えませんが
 ・利用開始月~2か月目・・・2,726円(利用開始月は日割り)
 ・3~24か月・・・3,411円
 ・25か月目以降・・・4,011円
と、無制限プランの料金がWiMAXプロバイダの中で最安クラスとなります。

BIGLOBEWiMAXのように2年目までは割引があっても、
それ以降は通常料金になることが多いんですが、
BroadWiMAXでは3年目以降も通常より300円以上安い料金で利用できます。

ただBroadWiMAXの問題は、
事務手数料や端末代とは別に18,857円という高額な初期費用が必要ということです。

クレジットカードでの申し込みであれば
キャンペーンでこの初期費用が無料になるんですが、
口座振替での申し込みだとキャンペーン対象外で初期費用が無料になりません。

口座振替でも初期費用を無料にする方法はあるんですが、
その場合利用開始から3年間月額料金が600円高くなってしまうんです。

要するに初期費用の18,857円を3年分割で払うだけのことで、
BroadWiMAXは口座振替で申し込むとクレジットカードで申し込むより
余計に費用が掛かるというのがデメリットです。

ですからキャッシュバックか月額料金割引の特典が選べて、最新機種も手に入り、
余分な初期費用も掛からないBIGLOBEWiMAXがオススメというわけです。

WiMAXに料金を請求書払いにできるプロバイダがある?

口座振替できるWiMAXプロバイダについてネットで調べていると、「WiMAX料金を
請求書払いにできるプロバイダがある」という情報が出てくることがあります。

請求書払いができるプロバイダとして名前が挙がっているのが、
高額キャッシュバックで有名な「GMOとくとくBB」です。

しかしGMOとくとくBBの公式サイトで確認し、さらに問い合わせもしましたが、
GMOとくとくBBではWiMAXの料金支払方法はクレジットカードのみでした。

WiMAXで請求書払いができるプロバイダがあるというのは間違った情報で、
GMOとくとくBBでは請求書払いどころか口座振替すらできませんよ。

ただ、口座振替可能な3社のWiMAXプロバイダでは、
一時的に請求書払いとなることがあります。

口座振替での申し込みでは、
WiMAXプロバイダと金融機関との間で口座振替の手続きが行われます。

WiMAXの利用開始日と料金支払日が近く、WiMAXプロバイダと金融機関との
手続きが完了する前に料金支払日が来てしまうことがあります。

この場合は口座振替ができないので、
その代わりにWiMAXプロバイダから請求書が送られてくることになるんですね。

あくまで口座振替の手続きが完了するまでの一時的な措置であり、
WiMAXでは恒久的に料金支払方法を請求書払いにすることはできません。

ワイモバイルは対応エリアに問題あり?

日本における通信量無制限のポケットWiFiとしてWiMAXと双璧をなしているのが
「ワイモバイル」です。

WiMAXと同じで、ワイモバイルでは無制限プランを月額4,380円という
比較的安い料金で使うことができます。

ワイモバイルと言えば「ソフトバンクの格安SIM」というイメージが強く、
ポケットWiFiでもソフトバンクのLTE回線が使えると思われがちです。

確かに月間5GBや7GBといった通信量に制限のあるプランでは、
ソフトバンクのLTE回線を使うことができます。

ところが通信量無制限プランでは、ソフトバンクのLTE回線は使えず、
代わりに「AXGP」という回線を使うことになります。

AXGPは、ワイモバイルの前身の1つであるウィルコムのPHS回線に改良を
加えたもので、現状では基地局の整備が十分に進んでいません。

そのため、ワイモバイル公式サイトのエリアマップを見ても分かりますが、
関東以外の地域では都市部と幹線道路沿いぐらいでしか繋がらないんですね。

なのでワイモバイルのポケットWiFiを使いたくても、
生活圏がAXGPの対応エリア外で使えないということもあるわけです。

ワイモバイル公式オンラインショップでは口座振替での申し込みができない

さらにワイモバイルを口座振替で申し込むには、ワイモバイルショップに行くか、
申込書をワイモバイルに郵送するしかありません。

ワイモバイルの公式オンラインショップからの申し込みでは、
クレジットカードが必須となっています。

ワイモバイルショップって、
大手携帯キャリアのキャリアショップほど身近には見掛けませんよね。

申込書の郵送にしても、まず申込書を取り寄せるところから始まるので、
公式オンラインショップや店舗での申し込みに比べて時間が掛かってしまいます。

ドコモのポケットWiFiは口座振替可能も料金が高すぎる

大手携帯キャリア3社の中で唯一独自のポケットWiFiサービスを行っているのが
「ドコモ」です。

「au」でポケットWiFiを申し込むと、
同じKDDIグループのWiMAXのポケットWiFiを使うことになります。

「ソフトバンク」だと、やはり同じグループであるワイモバイルの月間7GBプランと
同じ機種・内容でポケットWiFiを利用することになります。

ドコモでは専用の機種と基本プランが用意されており、
ドコモのLTE回線をポケットWiFiで使うことができるんですね。

ただポケットWiFi用があるのは基本プランだけで、
肝心のパケットパックはスマホと同じものを使います。

そのため月間1GBまでしか使えない一番安いプランで月額4,300円、
月間30GBまで使えるプランだと月額料金が10,000円近くになってしまいます。

WiMAXやワイモバイルの無制限プランが月額4,380円で、
ドコモのポケットWiFiで月間1GBまでしか使えないプランの料金とほぼ同額です。

30GBまで使えるプランだとWiMAXやワイモバイルの無制限プランの2倍以上の
料金ですから、いくらドコモのLTE回線が使えて口座振替できると言っても、
これだけ料金が高いとちょっと使えないですね。

口座振替できるポケットWiFiでは実は一番オススメな「ネクストモバイル」

口座振替できるポケットWiFiとしては一番知名度の低い「ネクストモバイル」ですが、
実は個人的な意見としては一番オススメのポケットWiFiです。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線を使うポケットWiFiサービスで
 ・20GBプラン・・・2,760円(25か月目以降3,695円)
 ・30GBプラン・・・3,490円(25か月目以降3,695円)
 ・50GBプラン・・・4,880円(最初の12か月3,490円、25か月目以降5,815円)
と20GB以上の大容量プランが格安で利用できます。

ソフトバンクのLTE回線が格安料金で使えるので、
ネクストモバイルは「ソフトバンクの格安SIM」だと思われがちです。

しかし問い合わせてみたところ、ネクストモバイルはソフトバンクの格安SIMではなく、
ソフトバンクの代理店だという回答でした。

格安SIMだとソフトバンクのLTE回線を借りてサービスを提供するので、どうしても
ソフトバンクより通信速度が遅くなったり繋がりにくくなったりすることがあります。

ところがソフトバンクの代理店だと、ソフトバンクのLTE回線をそのまま使うことに
なるので、ソフトバンクとほとんど同じ通信品質で使うことができるんですね。

ただしネクストモバイルで口座振替できるのは30GBプランのみで、
20GBプランと50GBプランの申し込みではクレジットカードが必要です。

ネクストモバイルは申し込み時の審査が緩い?

高品質なソフトバンクのLTE回線が格安で使えるということに加えて、
ネクストモバイルでは申し込み時の審査が他のポケットWiFiに比べて緩いというのも
メリットです。

先に紹介した口座振替できるポケットWiFiのいくつかに、
申し込み時の審査について直接問い合わせてみました。

いずれも「クレジットカード・口座振替に問わず、申し込み時に審査を行う」という回答で、
詳しい審査内容については「総合的に判断する」としか教えてもらえませんでした。

総合的に判断すると言われると、
冒頭のように以前クレジットカードでポケットWiFiを申し込んで審査に落ちていると、
支払方法を変えたと言え、また審査に落とされる心配がありますよね。

ネクストモバイルで申し込み時の審査について問い合わせると、
支払方法に関係無く審査があるということとともに、
「自社サービスでの料金未払いの有無」とその審査内容まで教えてくれたんです。

要するにネクストモバイルの料金未払いさえ無ければOKなんですから、初めて
ネクストモバイルを利用する場合は、申し込む側からすると「審査なし」も同然ですよね。

ポケットWiFiとしてのサービス内容はもちろん、
以前他のポケットWiFiの審査に落ちたことがある人でも契約できる可能性が高いので、
口座振替できるポケットWiFiではネクストモバイルが一番オススメというわけです。

-モバイルWIFIルーターで口座振替

Copyright© モバイルWiFiの審査に落ちたら , 2019 All Rights Reserved.